愛知県での出張フロントガラス交換

愛知県での出張フロントガラス交換

愛知県での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

フロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

愛知県でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしやイタズラなどで、フロントガラスがキズやひび割れで破損したら…、フロントガラスの交換修理が必要です。安全な運転のためにも早めのフロントガラス交換をお勧めします。

愛知県内の出張フロントガラス交換は、名古屋市/一宮市/岡崎市/豊田市/豊川市/小牧市/刈谷市/半田市/日進市/稲沢市/江南市/西尾市/安城市/知多市/東海市/春日井市/瀬戸市および周辺地域など愛知県内全域対応です。

フロントガラスがキズやひび割れで損傷していると車検も不合格になり、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。愛知県内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(愛知県対応)にご連絡下さい。

愛知県対応の便利な出張フロントガラス交換は、国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く、品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメです!

品質保証は施工後3年間だから安心。もしもの場合はオペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで施工後1年以内にフロントガラス再交換が必要になった場合は半額で対応します。

愛知県内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 愛知県内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ! (愛知県内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で愛知県内も24時間ご予約受付中!

愛知県のフロントガラス交換出張エリア

愛知県のフロントガラス交換出張エリア

愛知県内全域の出張フロントガラス交換に対応しております。

愛知県内の上記および周辺エリアのフロントガラス交換に対応

愛知県 フロントガラス交換トピックス

自動車ガラスの主な車検基準

自動車ガラスの主な車検基準

自動車のフロントガラスは、走行中の安全な視界を確保する大事な役割がありますが、万が一の交通事故に遭ってしまった場合、ドライバーや同乗者の身を守るクッションの役目もします。その為、透明性やフロントガラス表面のキズなどは、車検の際に厳しくチェックされてしまいます。その為、車の窓ガラス(フロントウィンドウ・サイドウィンドウ・リヤウィンドウ)に関しては、厳しい検査基準があります。

フロントウィンドウ

フロントガラスに自分好みのステッカーを貼っている自動車を見かけることがありますが、フロントガラスに貼ってもOKなステッカーは、車検の有効期限などを示す検査票ステッカーのみです。車両の検査に関係のないステッカーが貼ってある場合は、車検の際に不合格になってしまいますので、車検前に剥がしておく必要があります。

また、フロントガラスにキズやひび割れがある場合、ごく小さなキズであれば、瞬間接着剤などをキズに流し込んで補修しておけば不合格にならない場合もあります。しかし、飛び石などで大きなキズやひび割れが出来てしまっている場合は、車検はパスできません。検査官によって判断が異なる場合もあるようですが、一般的にはキズやひび割れが100円玉より大きい場合は、車検では不合格になる場合が多い様です。大きなキズやひび割れができている場合は、リペアでは修復できませんのでフロントガラスそのものを取り外して交換する必要があります。

フロントガラスの検査では、キズやひび割ればかりでなく、透明性も検査の対象になっています。フロントガラスに着色フィルムが貼られている場合、購入する時に例え車検に対応していると表示されていた着色フィルムであっても、透過率70%の基準をクリアできなければ、車検で合格にならない場合もありますので、着色フィルムが貼ってある場合は、車検前に剥がしてから車検を受けた方が良いでしょう。

その他、フロントガラスの上部が着色された、日よけの役目をするボカシがあるタイプのフロントガラスもありますが、上辺20%であれば車検は合格できます。

サイドウィンドウ

サイドガラスもフロントガラスと同様に着色フィルムが貼ってあると、無色透明に近いフィルムでもあっても、基本的には車検は通りません。着色フィルムが貼ってあると、サイドガラスからの視界が悪くなってしまい、特に左折や右折をする時に自転車やバイクを巻き込んでしまう事故を防止するために禁止になりました。

リアウィンドウ

フロントガラスやサイドガラスと違い、リアガラスに着色されたフィルムを貼るのは、特に禁止されていません。しかし、外から社内の様子を確認できない様な濃い色の着色フィルムが貼ってあると、不合格になる場合もあります。


愛知県の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ