名古屋市での出張フロントガラス交換

名古屋市での出張フロントガラス交換

名古屋市での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

名古屋市対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

名古屋市でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石などでフロントガラスがひび割れたら…、早めの修理やフロントガラスの交換が必要です。

フロントガラスのひび割れは、車検で不合格になります。また、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。名古屋市内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(名古屋市対応)にご連絡下さい。

名古屋市対応の便利な出張フロントガラス交換は、国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応しています。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方に出張での交換がおススメです!

品質保証3年間だから安心。もしもの場合は、オペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで、施工後1年以内にフロントガラス交換が再度必要になった場合は半額で対応します。

名古屋市内のフロントガラス交換・施工事例

名古屋市内でのフロントガラス交換事例

名古屋市守山区:ダイハツ タントのフロントガラス交換

出張先/作業場所

名古屋市守山区/お客様ご自宅の駐車スペース

車種/年式/排気量/型式

ダイハツ タント/平成25年式/658cc/L375S

お客様のコメント

奥様より・・・、
フロントガラスにキズとヒビ割れができてしまったのですが、仕事を休めないのでどうやって修理するべきか悩んでいました。自宅の駐車場に来てくれる出張フロント交換サービスがあることは知りませんでしたので、ネットで見つけた時にすぐに電話で申し込んでいました。

フロントガラス交換当日は、やはり仕事の為、立ち会いを頼まれました。

格安の輸入フロントガラスなので、仕上がり具合をよく確認しておいてと頼まれていましたが、特に問題ないとメールしておきます。料金:60,200円(税込)

名古屋市昭和区:トヨタ bBのフロントガラス交換

出張先/作業場所

名古屋市昭和区/お客様ご自宅の駐車スペース

車種/年式/排気量/型式

トヨタ bB/平成18年式/1,297cc/QNC20

お客様のコメント

電車で通勤している為、平日は車を利用しないので、なるべく早くフロントガラスの交換をお願いします。当日は家にいませんが、母に立ち会いの対応をお願いしておきます。料金も母に渡しておきますので受け取ってください。

知り合いもフロントガラスがひび割れた時に、輸入フロントガラスに交換したのを見たことがあるのですが、全く問題ありませんでした。それに8年程乗っている車なので、高額なメーカー純正品のフロントガラスに交換する必要もありませんので、輸入フロントガラスへの交換をよろしくお願いします。料金:60,200円(税込)


※お客様からのコメントは、ご注文時や交換作業時の会話内容などを文章化したものです。

名古屋市内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 名古屋市内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ! (名古屋市内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で名古屋市内も24時間ご予約受付中!

名古屋市 フロントガラス交換トピックス

撥水剤がフロントガラスの雨対策に効果的

撥水剤がフロントガラスの雨対策に効果的

雨の日に運転していると、フロントガラスに雨水が付いて視界が悪くなってしまいます。雨の日に運転している時でも、しっかりと安全運転に必要な視界を確保するためには、フロントガラスの表面に付いた砂埃などの汚れや油膜を落とすことが必要になります。そして、定期的にワイパーのフロントガラス接面部のゴムが劣化していないか状態を確認するとともに、ワイパーで雨水を拭き取った時に拭き残しや拭きムラが出来る様になったら、早めにワイパーゴムを交換する必要があります。

ワイパーのゴム部分は、ホームセンターやカーショップで購入することができます。交換する方法はとても簡単ですので、商品の取付説明書を見ながら一度ご自分でゴム交換に挑戦してみるのも良いと思います。

更に雨の日の運転時に良好な視界を確保する方法として、フロントガラス表面に撥水剤などのコート剤を塗布するのも効果があります。様々なメーカーからコート剤の製品が発売されていますが、これらを大別すると、雨水を弾く撥水タイプとは逆に雨水をガラス表面に馴染ませて水滴を消す親水タイプに大別することができます。

コート剤の種類は撥水タイプの方が圧倒的に多いですが、撥水タイプは雨水を小さな水玉にしてガラス表面から弾き落とすことで視界を確保します。撥水が効いた状態である程度の速度で走っていると、走行時に受ける風の勢いだけで雨水が流れ落ち、ワイパーを使わなくても界がクリアな状態になります。走っている時の速度とその時に受ける風速にもよりますが、ワイパーが必要ないと思える程、きれいに水が吹き飛んで運転時の視界が確保できます。

撥水剤は直接風が当たり易いフロントガラスに一番効果的ですが、サイドウィンドーやリアウィンドーに使った場合、その車両のボディの形状にもよりますが、走行時の風による効果は薄れますので、走行時に完全に雨水が吹き飛ぶのは難しく、水滴は残ってしまいます。

夜間の運転では、このガラス表面に残った水滴が光の反射などもあり、その光の反射が視界を悪くしてしまします。撥水剤の利用は施工も簡単で効果も長続きしますので、マメにコーティング作業を行うのが面倒と思う方にも向いており、使い勝手も良いフロントガラスの雨対策に効果的なツールです。


名古屋市の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ