神奈川県での出張フロントガラス交換

神奈川県での出張フロントガラス交換

神奈川県での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

神奈川県対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

神奈川県でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしやイタズラなどで、フロントガラスがキズやひび割れで破損したら…、フロントガラスの交換修理が必要です。安全な運転のためにも早めのフロントガラス交換をお勧めします。

フロントガラスがキズやひび割れで損傷していると車検も不合格になり、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。神奈川県内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(神奈川県対応)にご連絡下さい。

神奈川県内の出張フロントガラス交換は、横浜市/川崎市/横須賀市/鎌倉市/三浦市/逗子市/藤沢市/茅ヶ崎市/相模原市/大和市/厚木市/海老名市/伊勢原市/綾瀬市/秦野市/平塚市/小田原市/南足柄市/愛甲郡/足柄上郡/足柄下郡/真鶴/大磯/葉山/寒川/二宮/湯河原/箱根および周辺地域など神奈川県内全域対応です。

神奈川県対応の便利な出張フロントガラス交換は国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く、品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメです!

品質保証は施工後3年間だから安心。もしもの場合はオペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで施工後1年以内にフロントガラス再交換が必要になった場合は半額で対応します。

神奈川県内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 神奈川県内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ!(神奈川県内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で神奈川県内も24時間ご予約受付中!

神奈川県のフロントガラス交換出張エリア

神奈川県のフロントガラス交換出張エリア

神奈川県内全域の出張フロントガラス交換に対応しております。

神奈川県内の上記および周辺エリアのフロントガラス交換に対応

神奈川県 フロントガラス交換トピックス

フロントガラス掃除のポイント

神奈川県|フロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

洗車する時、フロントガラスに冷たい水を急にかけるのはNGです。フロントガラスは合わせガラスとなっており、外側と内側の間に中間膜があります。その為、特に夏場の炎天下では注意が必要で、フロントガラスに冷たい水を急にかけて冷却すると、外側のガラスが冷たい水で冷却されることにより収縮して内側のガラスが膨張する為、その均衡が崩れてしまう為、ひび割れが出来てしまう場合があります。冷たい水をかけた時にフロントガラスの外側表面に小さなキズがあると、その部分からひび割れが出来やすい状況になっています。炎天下で熱くなっているフロントガラスに水をかける時は、エアコンを付けて洗車する前にある程度車内を冷やしてから水をかけると良いでしょう。

フロントガラスは、走行時の安全な視界を確保する為にも、掃除を定期的に行ってお手入れする必要があります。定期的にお手入れしないと汚れが頑固に付着して、通常のお手入れ方法では汚れや油膜をきれいに除去できなくなくなってしまいます。フロントガラスの掃除方法は、下記の様な方法で行うと良いでしょう。

まず、曇り止めや油膜取りなどのウィンドウクリーナーをなるべく均一に広がるようガラス面にスプレーします。そして、油などが付着して汚れていないきれいなタオルで拭き取ります。最後の仕上げには乾いたきれいなタオルで乾拭きするのが上手なお手入れのポイントです。この時、どうしても拭き取りムラが残ってしまう時は、新聞紙を使って軽く拭き取ると、新聞に付いているインクの成分がガラス面に光沢を与えるので、拭きムラもきれいになります。

また、フロントガラス表面に油膜が残っていると、夜間運転する時に対向車のヘッドライトの光が反射してギラギラするので視界が悪くなってしまいます。フロントガラスに付着する油膜は、劣化したワックスや撥水コーティング、排気ガスや路面のアスファルトが油の膜となって頑固に付着してしまいます。

この様に頑固に付着した油膜を除去する時は、ガラス用のコンパウンドを使用すると良いでしょう。コンパウンドはフロントガラス全面に塗りますが、油膜で弾かれる部分には集中的に塗ります。最後に水を上から流してみて、水が均一に流れるようであれば、油膜はほとんどきれいに除去できています。そして最後に乾拭きして終了です。コンパウンドを使用する時は、円を描く様に擦るのではなく直線的に擦る事、そして、コンパウンドはすぐに乾いてしまいますので、スポンジに水を付けながら常に濡らして磨くことがポイントです。


車内でタバコを吸わない禁煙車でも、フロントガラスの内側は汚れています。フロントガラスは日差しが直接当たる部分ですので、太陽の日差しで熱せられた外側と車内の温度差でできる結露の水分がホコリを吸着して汚れてしまいます。また、ガラス表面で起きる静電気も汚れの原因になっています。

外側を掃除する時はウインドクリーナーを直接ガラス面にスプレーしますが、内側を掃除する時はタオルやウェスにスプレーして掃除します。タバコのヤニによる汚れが付着している場合は、タオルの面は常に新しい面を使用して拭き取ります。そして洗剤の拭き残りが残らない様に注意して下さい。


神奈川県の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ