静岡県での出張フロントガラス交換

静岡県での出張フロントガラス交換

静岡県での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

静岡県対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

静岡県でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしやイタズラなどで、フロントガラスがキズやひび割れで破損したら…、フロントガラスの交換修理が必要です。安全な運転のためにも早めのフロントガラス交換をお勧めします。

フロントガラスがキズやひび割れで損傷していると車検も不合格になり、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。静岡県内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(静岡県対応)にご連絡下さい。

静岡県内の出張フロントガラス交換は、静岡市-清水区・葵区・駿河区/富士市/浜松市/熱海市/磐田市/三島市/牧之原市/御前崎市/沼津市/掛川市/菊川市/袋井市/富士宮市/藤枝市/裾野市/湖西市/焼津市/御殿場市/島田市/駿東郡/田方郡/榛原郡および周辺地域など静岡県内全域対応です。

静岡県対応の便利な出張フロントガラス交換は国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く、品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメです!

品質保証は施工後3年間だから安心。もしもの場合はオペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで施工後1年以内にフロントガラス再交換が必要になった場合は半額で対応します。

静岡県内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 静岡県内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ!(静岡県内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で静岡県内も24時間ご予約受付中!

静岡県のフロントガラス交換出張エリア

静岡県のフロントガラス交換出張エリア

静岡県内全域の出張フロントガラス交換に対応しております。

静岡県内の上記および周辺エリアのフロントガラス交換に対応

静岡県 フロントガラス交換トピックス

ステッカーやシール類をフロントガラスに貼る時の注意点

ステッカーやシール類をフロントガラスに貼る時の注意点

クルマのフロントガラスは、運転中の安全な視界を確保しなければいけない為、様々な基準が設けられています。例えば、フロントガラスにステッカーやシールを貼る場合は、「フロントガラス上側の20%迄の位置にシールを貼ることは構わない」という基準があります。これはフロントガラスの上部の20%の範囲であれば、運転中にドライバーの視界を妨げないという規定に抵触しないと判断されているからです。

ステッカーやシールには、紙質のもの・ステッカー・フィルム状のものなど、様々な種類があります。しかし、フロントガラスに貼ることができるシールは、車検証や定期点検シール以外は、透過性のあるフィルム状のものでなければいけません。透過性のあるフィルム状のシールであれば、透明でない紙質のシールと違って、運転している時にドライバーの視界を妨げないという規定に抵触しないと判断されるからです。もし、フロントガラスの上部の20%の部分にステッカーや紙のシールが貼ってある場合は、車検を受ける前にこれらのシールを取り除いてから車検を受けないと、車検の際に不合格になってしまう可能性があります。

フロントガラスに設置したり貼りつけるものとしては、ECTのアンテナやドライブレコーダーなどがありますが、ECTアンテナやドライブレコーダーはフロントガラスの上部、または下部の位置に貼り付けるタイプのものもあります。例えば、これらのECTアンテナやドライブレコーダーは、フロントガラスの真ん中などに設置したり貼り付けたりして、運転時のドライバーの視界を邪魔していなければ、車検で不合格になることはほとんど無い様です。

しかし、車検時の検査官や貼り付けている位置関係によって状況が変わる場合もありますので、ドライブレコーダーを吸盤でフロントガラスに取り付けるのではなく、ルームミラーの裏側に設置したり、フロントガラスの上部の20%の範囲の位置に貼り付けると良いでしょう。

フロントガラスに貼るステッカーやシール類については、車検の時ばかりでなく、日常の運転時にも注意が必要です。車検で許可されていない状態で、検問などで警察官に車両チェックをされた場合、警察官によっては違反切符を切る場合もありますので注意が必要です。

フロントガラスは面積が広いですので、ステッカーやシールなどを貼って、少し装飾したいと思われるでしょうが、貼り付けてはいけない余計なものをフロントガラスに貼っていると、道交法でもNGで違反となります。ステッカーやシールだけでなく、フロントガラスはカーテンもNGで、カーテンを付けていない状態でカーテンレールだけ付いていても不合格と判断されてしまう場合もあります。


静岡県の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ