埼玉県での出張フロントガラス交換

埼玉県での出張フロントガラス交換

埼玉県での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

埼玉県対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

埼玉県でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしやイタズラなどで、フロントガラスがキズやひび割れで破損したら…、フロントガラスの交換修理が必要です。安全な運転のためにも早めのフロントガラス交換をお勧めします。

フロントガラスがキズやひび割れで損傷していると車検も不合格になり、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。埼玉県内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(埼玉県対応)にご連絡下さい。

埼玉県内の出張フロントガラス交換は、さいたま市大宮区・浦和区・岩槻区・見沼区・南区/川口市/川越市/所沢市/越谷市/熊谷市/上尾市/春日部市/久喜市/深谷市/草加市/入間市/朝霞市/加須市/狭山市/三郷市/坂戸市/幸手市/秩父市/蓮田市/飯能市/東松山市/ふじみ野市/八潮市および周辺地域など埼玉県内全域対応です。

埼玉県対応の便利な出張フロントガラス交換は国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く、品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメです!

品質保証は施工後3年間だから安心。もしもの場合はオペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで施工後1年以内にフロントガラス再交換が必要になった場合は半額で対応します。

埼玉県内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 埼玉県内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ!(埼玉県内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で埼玉県内も24時間ご予約受付中!

埼玉県のフロントガラス交換出張エリア

埼玉県のフロントガラス交換出張エリア

埼玉県内全域の出張フロントガラス交換に対応しております。

埼玉県内の上記および周辺エリアのフロントガラス交換に対応

埼玉県 フロントガラス交換トピックス

フロントガラスの霜付き防止対策

霜付き防止対策

寒い冬の朝、霜が降ってフロントガラスが凍ってしまった時は、安全な視界を運転中に確保できなくなってしまう為、解氷スプレーを使ったり、ぬるま湯をかけたり、霜取り用のヘラで霜を削り落としたりすると思います。しかし、あらかじめ霜がフロントガラスに付かない様に防止対策すれば、朝の忙しい時間に、そういった余計な作業はしなくて済み、貴重な朝の時間をもっと有効に使うことが出来ます。

主なフロントガラスの霜付き防止対策としては、以下の様な方法があります。

フロントガラスに毛布を被せてカバーする

夜の内に古くなって使用していない毛布をフロントガラスの上に被せてカバーしておくだけで、フロントガラスに霜が付き難くなります。毛布は厚みがあって丁度よい重さもありますので、余程の強風が吹かない限り、強風で飛ばされてしまう心配をする必要もありません。

毛布以外にもホームセンターやカーショップで販売されている「霜避けシート・凍結防止シート」などもあります。また、100円ショップで販売されているブルーシートを利用しても良いでしょう。但し、ブルーシートは重量が軽いので風に飛ばされない様にするために、上部を吸盤などで固定して下部をワイパーで挟んで固定しておくと風に飛ばされない様にする対策になります。

フロントガラスの表面をきれいにしておく

見た目では分かりませんが、フロントガラスの表面が汚れていると、その汚れで表面が凸凹になりますので、霜が付き易くなってしまいます。また、油膜が表面に付いていても汚れが付き易くなりますので、油膜落としなどできれいに油膜を落として表面をきれいにした後、ガラスコーディングをしておけば霜が付き難くなります。

解氷スプレーをかけると、霜を融かしてくれますが、前の晩に解氷スプレーをフロントガラス表面に噴射しておくと、もし霜がフロントガラス表面に付いても軽い程度で済みます。解氷スプレーが手元にない場合は、お酢を薄めたものをスプレーで噴射しておくのも効き目があります。但し、お酢を噴射する時はボディーの塗装面には噴射しない様に注意して下さい。通常は問題ありませんが、長い期間お酢が塗装面に付いたままにして放置しておくと、塗装面を痛めてしまう場合があります。

霜取り作業をする時の注意点

フロントガラスの霜を除去する時には、絶対に熱湯をフロントガラスにかけてはいけません。表面に小さなキズがなく無傷であれば、ひび割れるほどの影響は少ないですが、飛び石などで表面にキズがあると、急激な温度変化が原因になって、一気にひび割れができてキズが拡がる可能性があります。ガラス表面には目に見えない極小さなキズがありますので、熱湯をかけるのは絶対にやめた方が良いでしょう。

また、ウォッシャー液を出してワイパーを動かして霜を取ろうとすると、ワイパーのゴムが傷付いてしまいますので注意が必要です。その他、霜取りヘラでゴシゴシするのも、フロントガラスの表面にキズを付けてしまいますので、できれば避けたい霜取りの方法です。

フロントガラスが霜で凍ってしまった場合は、暖機運転の時にデフロスターを使用して霜を融かすのが、一番手間がかからず便利ですが、燃料を消費して環境にも優しい方法ではありません。フロントガラスの霜付き防止対策


埼玉県の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ