羽曳野市での出張フロントガラス交換

羽曳野市での出張フロントガラス交換

羽曳野市での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

羽曳野市対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

羽曳野市でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石などでフロントガラスがひび割れたら…、早めの修理やフロントガラスの交換が必要です。

フロントガラスのひび割れは、車検で不合格になります。また、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。羽曳野市内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(羽曳野市対応)にご連絡下さい。

羽曳野市対応の便利な出張フロントガラス交換は、国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応しています。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方に出張での交換がおススメです!

品質保証3年間だから安心。もしもの場合は、オペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで、施工後1年以内にフロントガラス交換が再度必要になった場合は半額で対応します。

羽曳野市内全域の出張フロントガラス交換に対応しています。

羽曳野市内のフロントガラス交換・施工事例

羽曳野市内でのフロントガラス交換事例

羽曳野市島泉:ホンダ フィットのフロントガラス交換

出張先/作業場所

羽曳野市島泉/お客様ご自宅の駐車スペース

車種/年式/排気量/型式

ホンダ フィット/平成19年式/1339cc/DBA-GE6

お客様のコメント

フロントガラスのひび割れは一瞬の出来事でした。高速道路を走行中でしたので時速100キロくらいはスピードを出して運転していましたが、大きな音がしたのでビックリしました。夜中に運転していて本当に一瞬の出来事でしたので、何がどこから飛んできてフロントガラスにぶつかったのか分かりませんでした。

フロントガラスがひび割れたのは分かったのですが、高速道路を走行中でしたので路肩などに停車することもできず、自宅までそのまま運転してしまいました。
家に到着してからネットでフロントガラスがひび割れる原因などを調べてみましたが、きっと飛び石と呼ばれるものがフロントガラスに衝突したのではないかと思いました。ひび割れの大きさも修理できる大きさではありませんでしたので、フロントガラスの交換修理について検索していたら、価格の安い出張フロントガラス交換サービスを利用できることが分かりました。

あれこれ悩んでいると次の週末に車で出かけられなくなってしまうので、その日の内に出張フロントガラス交換を頼んでしまいました。24時間電話でも注文できるみたいでしたが、ホームページから注文してみました。翌日には注文確認の電話をいただき、今週中にフロントガラスの交換修理を終えることができて良かったです。

料金:60,200円(税込)・・・フロントガラス代、出張費、作業費、ガラス処分料などの総額


※お客様からのコメントは、ご注文時や交換作業時の会話内容などを文章化したものです。

羽曳野市内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 羽曳野市内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ! (羽曳野市内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で羽曳野市内も24時間ご予約受付中!

羽曳野市 フロントガラス交換トピックス

車のフロントガラスとその他のガラスとの違い

自動車のフロントガラス 

以前はサイドガラスやリヤガラスの様に車のフロントガラスに強化ガラスが使われている時代がありました。しかし、現在では万一の事故の際にも車内にいる人を守る為、「合わせガラス」を使用することが法律で義務付けられています。

フロントガラスに使われている「合わせガラス」は名前の通り、2枚のガラスの間に特殊な素材で出来た中間膜をサンドイッチ状態に挟んで入れることで、強い衝撃を受けても耐えられる構造になっています。

一方、フロントガラスと違ってサイドガラスやリヤガラスには「強化ガラス」が使われています。一般のガラスよりは衝撃に強いガラスですが、フロントガラスと比べれば、石や金づちなどの硬いもので強い衝撃を加えると、割れてガラス片が散らばります。この様に自動車の窓ガラスには「合わせガラス」と「強化ガラス」が使い分けられていますが、それにはきちんとした理由があります。

合わせガラスの特性

車のフロントガラスに使われる合わせガラスは、ガラスとガラスの間に特殊な素材で作られた中間膜が圧着されて間に入っています。この中間膜は衝撃に強く柔軟性がありますので、飛び石などの硬い物が飛んできてぶつかっても、ぶつかったものが貫通し難いという特徴があります。

もちろんガラスで出来ていますので、硬いもので局部的に強く叩けば、表面のガラスにヒビ割れができます。しかし、割れたガラスの破片がバラバラになって周辺に飛び散ったり、一般のガラスが割れた時の様にガラスが崩れ落ちてしまうこともありません。

車に乗っていて急ブレーキをかけた時など、体全体が前のめりに押し出されたような感覚を感じますが、万一の際の事故などで何かに正面衝突した時は、体全体が外に投げ出されるような非常に強い衝撃があります。こんな時、もしシートベルをしていないと、その車に乗っている人の体は、フロントガラスにものすごい勢いでぶつかってしまいます。

しかし、フロントガラスの柔軟で貫通し難い特徴が幸いし、フロントガラスを突き破って外に飛び出してしまう様なことはほとんどありません。フロントガラスを突き破って、体が外に投げ出されてしまうと、落下時の衝撃や対向車や周辺の車にぶつかり、大怪我やより重大な事態になってしまいます。

また、フロントガラスが合わせガラスでなかった場合の事を考えると、割れたガラスの破片が飛び散って、その破片が人の体を傷付けてしまうことも考えられます。しかし、合わせガラスであれば、ヒビ割れることはあってもガラスが粉々になって飛び散ることはありませんので、ガラスの破片のよる怪我も回避することができます。

フロントガラスが合わせガラスになったおかげで、事故による人的被害はかなり軽減される様になりましたので、車に装備されているフロントガラスの合わせガラスは、非常に防御性の高い画期的な装備と言えます。

万一、車が水没した場合は・・・

大雨やゲリラ豪雨の時など、日頃は特に意識しないで走っている道路が突然冠水していたり、運転操作を誤って海や川に落ちた時などに車が水没してしまった時の事を考えると、割れないガラスばかりだと脱出方法をがなくなってしまいます。

最近はエアコンの性能が良くなり、車の窓を開けた状態で走行しているドライバーは少なくなりましたが、全部の窓を閉め切った状態で車がドアの高さまで水没してしまった場合、いつもは簡単に開けることができるドアが、水圧によって車の中からドアを開けることができなくなってしまいます。パワーウィンドウも水没の影響で電気がショートしてしまいますので使用することができません。

この様な事態に遭遇した場合は、合わせガラスのフロントガラスを割って脱出用の穴を開けることは出来ませんので、サイドガラスを割って脱出します。サイドガラスには強化ガラスが使われていますので、車の中からそう簡単に割ることは出来ませんが、水没などで車の中に閉じ込められてしまった場合は、フロントガラスではなく、サイドガラスを割って脱出する方法が一番脱出できる可能性があることを覚えておくと良いでしょう。


羽曳野市の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ