大分市での出張フロントガラス交換

大分市での出張フロントガラス交換
大分市での出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

大分市での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

大分市対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

大分市でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石などでフロントガラスがひび割れたら…、早めの修理やフロントガラスの交換が必要です。

フロントガラスのひび割れは、車検で不合格になります。また、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。大分市内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(大分市対応)にご連絡下さい。

大分市対応の便利な出張フロントガラス交換は、国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応しています。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方に出張での交換がおススメです!

品質保証3年間だから安心。もしもの場合は、オペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで、施工後1年以内にフロントガラス交換が再度必要になった場合は半額で対応します。

大分市全体の出張フロントガラス交換に対応しています。

大分市のフロントガラス交換・施工事例

大分市内でのフロントガラス交換事例

大分市全域の出張フロントガラス交換に対応しています。手間なし便利な出生フロントガラス交換サービスをご利用ください。

大分市大道町:ダイハツ タントのフロントガラス交換

出張先/作業場所

大分市大道町:お客様お住まいのマンション内にあるスペース

車種/年式/排気量/型式

ダイハツ タント/平成23年式/658cc/DBA-L375S

お客様のコメント

先日のもの凄い強風が吹き荒れた台風の時ですが、車のフロントガラスに何かがぶつかったみたいで、フロントガラスが割れていました。マンションの駐車場で自分の車以外にも他の車があったのですが、自分の車のフロントガラスだけが割れていました。

「なんで自分の車のフロントガラスだけ割れるの?」と思いましたが、割れてしまったものは修理しなければいけません。運転席の真正面が割れてしまったので、公道を走ってよいのかどうか迷いましたが、割れたままではとても運転できる状態ではありませんでした。

フロントガラスの交換修理を行う条件としては「価格を安く、短納期」でしたので、それを条件にネット検索して車のフロントガラスを交換修理する方法を調べてみました。そして輸入ガラスを選択すれば交換費用が安くなり、納期も注文後最短3日という業者さんを見つけることができました。しかも、出張フロントガラス交換サービスで車を移動する必要がないことが便利だと思いました。

輸入ガラスというものを実際に見たことがなかったので、どんなものなのか多少の不安はありましたが、特に問題はありませんね。実物を見て安心しました。

料金:60,200円(税込)・・・フロントガラス代、出張費、作業費、ガラス処分料などの総額


※お客様からのコメントは、ご注文時や交換作業時の会話内容などを文章化したものです。

大分市内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 大分市内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ! (大分市内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で大分市内も24時間ご予約受付中!

大分市 フロントガラス交換トピックス

車のフロントガラスとその他の窓ガラスとの違い

車のフロントガラスとその他の窓ガラス 

走行中の車には進行方向から飛び石や飛来物が衝突するケースが多い傾向があります。そのため、現在製造されている車のフロントガラスには、「合わせガラス」という衝撃を受けても砕け難い特殊なガラスが使われています。

合わせガラスには2枚のガラスが使われていますが、さらにその2枚のガラスとガラスの間に特殊な素材で作られた中間膜が圧着して挟まれていますので、飛び石などで強い衝撃を受けても貫通し難い仕様になっています。

一方、フロントガラス以外の窓ガラスに使われているのは、合わせガラスではなく、ほとんどの車には「強化ガラス」が使われています。強化ガラスは一般のガラスと比べれば割れ難いですが、硬いもので強い衝撃を加えれば割れて砕け落ちてしまいます。

車の窓ガラスの位置によって装備されるガラスの種類に違いがあるのには理由がありますので、その理由を知ることで車が水没して脱出しなければいけなくなった状況になった時などに役立つ場合もあります。

フロントガラスを砕け難くくしている理由

以前製造されていた車のフロントガラスには、他の窓ガラスと同じ様に強化ガラスが装備されていた時代がありました。フロントガラスは車の進行方向の正面に位置していますので、簡単に割れてガラス片が飛び散ってしまうと事故の衝撃だけではなく、飛び散ったガラス片で人体をキズ付けてしまう可能性が高くなります。

フロントガラスを砕け難い性質のガラスにすれば、もしもの事故の場合でも人体を守れる可能性がありますので、車のフロントガラスには法律で合わせガラスを使うことが義務付けされました。

合わせガラスの特徴は、飛び石などで衝撃を受けて外側のガラスが割れても、外側と内側の間に挟まれている特殊な素材の中間膜によって貫通するのを防いでくれます。表面のガラスにはヒビ割れやキズができますが、中間膜によってガラス片がバラバラに砕けて飛び散ることはほとんどありません。

フロントガラスは貫通し難い性質を持っていますので、もしもの事故の際に運転者や同乗者が前方に投げ出されたとしても、フロントガラスがクッションの役割をして衝撃を和らげ、人体が車外に飛び出してしまうのを防いでくれます。そのため、フロントガラスに合わせガラスが装備されるようになってからは、事故による人的な被害は軽減されるようになったと言われています。

水没などで車外に脱出する時はフロントガラス以外から

車が冠水道路などに水没してしまうと、水圧で車のドアが開けれなくなって閉じ込められてしまいます。こんな状態になった場合、車の窓ガラスの全てに砕け難い合わせガラスが装備されていると、脱出方法がなくなってしまいます。

もしも、車が水没して車内に閉じ込められてしまった場合は、フロントガラスを割って脱出口を作るのはほとんど不可能です。脱出口を作る場合は、フロントガラス以外の窓ガラスを硬いもので衝撃を加えて打ち破ります。車が水没してしまうトラブルは滅多に起きる訳ではありませんが、もしもの場合に備えて「脱出ツール」などを車内に用意しておくと良いでしょう。そして、フロントガラス以外の窓ガラスを割って脱出することを覚えておいてください。

大分市の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ