長崎県での出張フロントガラス交換

長崎県での出張フロントガラス交換

長崎県での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

長崎県対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

長崎県でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしやイタズラなどで、フロントガラスがキズやひび割れで破損したら…、フロントガラスの交換修理が必要です。安全な運転のためにも早めのフロントガラス交換をお勧めします。

フロントガラスがキズやひび割れで損傷していると車検も不合格になり、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。長崎県内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(長崎県対応)にご連絡下さい。

長崎県内の出張フロントガラス交換は、長崎市/佐世保市/諫早市/雲仙市/平戸市/大村市/西海市/松浦市/島原市/南島原市/北松浦郡佐々町/西彼杵郡時津町・長与町/東彼杵郡川棚町・東彼杵町・波佐見町および周辺地域など長崎県内全域対応です。

長崎県対応の便利な出張フロントガラス交換は国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く、品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメです!

品質保証は施工後3年間だから安心。もしもの場合はオペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで施工後1年以内にフロントガラス再交換が必要になった場合は半額で対応します。

長崎県内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 長崎県内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ!(長崎県内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で長崎県内も24時間ご予約受付中!

長崎県のフロントガラス交換出張エリア

長崎県のフロントガラス交換出張エリア

長崎県内全域の出張フロントガラス交換に対応しております。

長崎県内の上記および周辺エリアのフロントガラス交換に対応

長崎県 フロントガラス交換トピックス

フロントガラス凍結防止&除去に役立つアイテム

フロントガラス凍結防止

フロントガラス凍結防止

晴れた冬の寒い朝には、フロントガラスに霜が降り、表面が凍結していると、運転時の見通しが悪くなり大変危険です。フロントガラスが霜や雪で凍結した時に、できるだけ早くを時間をかけずに凍結を取り除く方法を知っているだけで、忙しい朝の貴重な時間を無駄にせず有効に使うことができます。

フロントガラスの凍結防止の方法については、車を駐車している地域の気候やその時の駐車場の状態、そして、どれくらいの費用をかけられるかによって、凍結除去の方法を使い分けると良いでしょう。

車のフロントガラス凍結は、雪が積もったり放射冷却で霜が降りるのが主な原因です。屋根のある駐車場であれば、フロントガラス凍結の心配は必要ありませんが、ほとんどのドライバーは屋根のない所に車を駐車しています。

凍結防止に利用できるアイテムは様々で、以下の様なものがあります。

凍結防止シートやカバーの装着

 フロントガラスに雪や霜が直接付いて凍結しない様に、フロントガラス部分を凍結防止シートを使ってカバーします。数百円~数千円と価格は様々ですが、ドアミラーにゴムで固定するタイプや、ドアにカバーを挟み吸盤でフロントガラスの内側に固定するタイプなど、使用方法の違いもあり様々な種類があります。

慣れないと取り付けが難しいものもありますが、商品に付属されている取扱説明書をよく読んで、取付け作業に慣れれば、短時間で簡単にシートを脱着できる様になります。凍結防止シートは、フロントガラスを覆ってカバーする為、フロントガラスに直接雪や霜が付かないので効果効果があります。また、わざわざ凍結防止シートを購入しなくても、使い古しの毛布などを使っても効果があります。

撥水コートをフロントガラスに塗布

撥水コートをフロントガラスに塗布しておくと、フロントガラスに霜や雪が直接付着しても、取り除く作業が大変楽になります。撥水コートを塗布していない場合と比べれば、その効果を実感できると思います。

フロントガラスが凍結した時

解氷スプレーを噴射

霜が降ってフロントガラス表面が凍結している場合は、解氷スプレーを噴射して塗布すれば、凍結状態を緩和することができます。主に缶式のスプレーや霧吹きタイプなどが良く販売されており、価格も数百円で購入できます。

スクレーバー

フロントガラスの表面をゴシゴシ擦るので、ガラス表面をキズ付ける場合があります。キズの原因は霜や雪に含まれている砂埃などに含まれている硬い異物が原因になっている場合が多いです。安く購入できるものでは、100円ショップで購入できるものもあります。

スノーブラシ

スノーブラシは、スクレーバーが付いているものもあります。車高が高く車幅が広い車両で使う場合は、持ち手が伸縮できるタイプのスノーブラシを用意しておくと便利です。

ぬるま湯をかける

ぬるま湯を2リットル位のペットボトルに入れて使用すると、ちょうど良い量でとても便利です。寒い凍える様な時は、ぬるま湯をかけた後に拭き取らないと、そのかけたぬるま湯自体が凍結してしまいますので注意して下さい。


冬場のフロントガラスの凍結対策として、あまり手間がかからず一番効果があるのは、凍結防止シートを使用する方法です。しっかりと固定できるタイプの凍結防止シートであれば、強風でも吹き飛ばされることはありませんので、ほとんどの場合は安心です。


長崎県の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ