延岡市での出張フロントガラス交換

延岡市での出張フロントガラス交換
延岡市での出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

延岡市での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

延岡市対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

延岡市でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石などでフロントガラスがひび割れたら…、早めの修理やフロントガラスの交換が必要です。

フロントガラスのひび割れは、車検で不合格になります。また、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。延岡市内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(延岡市対応)にご連絡下さい。

延岡市対応の便利な出張フロントガラス交換は、国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応しています。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方に出張での交換がおススメです!

品質保証3年間だから安心。もしもの場合は、オペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで、施工後1年以内にフロントガラス交換が再度必要になった場合は半額で対応します。

川中/岡富/恒富/東海/伊形/南方/南浦地区、北方町/北浦町/北川町など、延岡市全体の出張フロントガラス交換に対応しています。

延岡市のフロントガラス交換・施工事例

延岡市内でのフロントガラス交換事例

延岡市全域の出張フロントガラス交換に対応しています。手間なし便利な出生フロントガラス交換サービスをご利用ください。

延岡市野地町:トヨタ プリウスのフロントガラス交換

出張先/作業場所

延岡市野地町:お客様ご自宅の駐車スペース

車種/年式/排気量/型式

トヨタ プリウス/平成20年式/1496cc/DAA-NHW20

お客様のコメント

宮崎空港からの帰り道に高速道路を走っていたのですが、その時にビシッというような音がしました。特に気にもかけずにそのまま走っていたのですが、パーキングに寄って車に戻ってみると、助手席側のフロントガラスにヒビ割れが入っていました。

多分、音がした時にできたキズが伸びてヒビ割れになってしまったと考えました。しかし、パーキンではどうしようもないので、なるべくゆっくり走って自宅に辿り着くことはできました。ヒビ割れを気にしながら運転してきましたが、少しずつヒビ割れが大きくなって怖い思いをしました。

出張フロントガラス交換サービスは、車のフロントガラスの修理についてネット検索している時に知りました。輸入ガラスというもので汎用品みたいですが、安いのが一番の魅力でした。また、輸入ガラスについて調べてみましたが、品質的には問題なさそうで3年間の保証もあるそうなので安心できました。

料金:60,200円(税込)・・・フロントガラス代、出張費、作業費、ガラス処分料などの総額


※お客様からのコメントは、ご注文時や交換作業時の会話内容などを文章化したものです。

延岡市内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 延岡市内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ! (延岡市内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で延岡市内も24時間ご予約受付中!

延岡市 フロントガラス交換トピックス

飛び石被害を回避するための注意点

高速道路を走る車 

バッテリー上がりやタイヤのパンク、燃料切れなどの車のトラブルは、日頃の日常的な点検で未然に防げるものもあります。しかし、走行中の飛び石被害によるフロントガラスの損傷は、高速道路などでスピードを出して走行している時に、突然小石が飛んでくるものですので避ける術はほとんどありません。

飛び石被害で車のフロントガラスが損傷してしまったドライバーの多くは、飛び石の原因を作った相手を特定できず損害賠償もほとんど請求できません。結局は泣き寝入りして自費で修理を行うしかありません。車両保険を使うこともできますが、翌年度以降の保険料の支払い額を心配したり、保険の契約内容によっては保険適用で修理したとしても自己負担金が必要になる場合もあります。

また、フロントガラスの交換修理などで元通りになったとしても、損害を受けた時の心理的な被害、修理するまでの手間などにかかってしまった、本来は必要のなかった無駄な時間は戻ってきません。余計な手間や無駄な時間を使わないためには、飛び石被害を受けやすい状況を把握し、被害に巻き込まれないようにすることが回避策になります。

飛び石被害が起きやすい状況

高速道路走行中に飛び石被害を受けることが多いですが、それはスピードが出ているからです。スピードが出ていれば出ている程、飛び石が当たった時の衝撃は強くなります。

飛び石に注意するのであれば、路面に小石が落ちているような場所を走行する時には、スピードをできるだけ抑えて運転するようにした方が良いでしょう。

走行する車線にも注意

追い越し車線を走る時にも注意が必要です。追い越し車線を走るということは、対向車線のすぐそばを走ることになるため、対向車線を走っている車が跳ね上げた飛び石に当たる確率が高くなります。また、追い越し車線を走行するということは、それだけスピードを出して走行することになりますので、より一層飛び石を受けた時の衝撃が大きくなります。

対向車線からの飛び石被害を避けるためには、追い越し車線をなるべく走行しないと良いですが、状況に応じてそうもいかないと思います。対向車線を走行している車が多い時だけでも、追い越し車線を極力使わずに、走行車線を利用すると良いでしょう。

車間距離が短いと危険

飛び石被害の原因を作るのは、何と言っても自分の車の前を走っている車です。車間距離が短いほど飛び石は車体の高い場所に当たりますので、フロントガラスに当たる可能性が高くなります。何十年も車を運転していても、一度も飛び石被害に遭わない人もいますが、年に2回も3回もフロントガラスの修理をしなければいけなくなる人もいます。

いつも走る道が飛び石が起きやすい可能性もありますが、前の車と車間距離を長めにして走行することが一番の飛び石回避策になります。飛び石が良く当たる経験をしている方は、なるべく車間距離を多めにとって運転してみてください。

また、砂利を積載したダンプカーの後は、一番飛び石被害を受けやすいとも言えますが、車間距離を多めに取っていれば、自分が運転している車とダンプカーの間に別の車が割り込んでくれる可能性も高くなります。

延岡市の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ