宮崎市での出張フロントガラス交換

宮崎市での出張フロントガラス交換
宮崎市での出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

宮崎市での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

宮崎市対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

宮崎市でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石などでフロントガラスがひび割れたら…、早めの修理やフロントガラスの交換が必要です。

フロントガラスのひび割れは、車検で不合格になります。また、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。宮崎市内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(宮崎市対応)にご連絡下さい。

宮崎市対応の便利な出張フロントガラス交換は、国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応しています。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方に出張での交換がおススメです!

品質保証3年間だから安心。もしもの場合は、オペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで、施工後1年以内にフロントガラス交換が再度必要になった場合は半額で対応します。

宮崎市全体の出張フロントガラス交換に対応しています。

宮崎市のフロントガラス交換・施工事例

宮崎市内でのフロントガラス交換事例

宮崎市全域の出張フロントガラス交換に対応しています。手間なし便利な出生フロントガラス交換サービスをご利用ください。

宮崎市橘通東:トヨタ マークXのフロントガラス交換

出張先/作業場所

宮崎市橘通東:お客様がお住まいのマンション敷地内スペース

車種/年式/排気量/型式

トヨタ マークX/平成24年式/2499cc/DBA-GRX130

お客様のコメント

自分の車の前を走っていた車が左折してしまったため、砂利を満載したダンプカーの後を走ることになってしましました。その時から嫌な予感みたいなものがしていたのですが、荷台に満載されている砂利が落ちてこないか心配しながら走っていました。

荷台の砂利に気を取られている内にダンプカーに近づいてしまったのも悪かったのですが、自分が運転していた車のフロントガラスに小石の様なものが直撃しました。その時は大きく割れたりはしなかったので良かったと思いましたが、小さなヒビが入ってみたいで走っている内に20センチ以上の長さにヒビ割れてしまいました。小石を跳ね上げた車はダンプカーで間違いないと思いますが、いろいろと考えて何の証拠もないので文句を言っても無駄だと思いました。

フロントガラスは交換修理することになってしまい、突然の出費になってしまいましたが、ディーラーで聞いたフロントガラス交換修理の見積り額よりもかなり安く修理できて助かりました。

料金:67,800円(税込)・・・フロントガラス代、出張費、作業費、ガラス処分料などの総額


※お客様からのコメントは、ご注文時や交換作業時の会話内容などを文章化したものです。

宮崎市内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 宮崎市内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ! (宮崎市内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で宮崎市内も24時間ご予約受付中!

宮崎市 フロントガラス交換トピックス

飛び石被害を受けやすい車と回避方法

トラックのタイヤ 

長年車を運転している方であれば、何度かは車のフロントガラスに何かがぶつかる音を聞いたことがあると思います。それは虫であったり小石であったり、何らかの飛来物だと思いますが、飛び石と言われる小石だった場合は、フロントガラスがにキズができる場合があります。

最悪の場合には、その時の小さなヒビが広がりフロントガラスを全交換で修理しなければいけなくなります。しかも、相手を特定することが難しいため、泣き寝入りしてご自分で修理しなければいけないのがほとんどです。

飛び石が当たった場所がバンパーやフロントグリルであれば、多少のキズや凹みができても放置して車を乗り続けることはできますが、フロントガラスはヒビ割れてしまいますので、その大きさや個数、そして場所によってはドライバーの視界を邪魔してしまいますので修理が必要になります。

飛び石被害を受けやすい状況

飛び石は、前を走っている車が何らかの理由で弾いた小石が、後続車に向かって飛んでくる現象です。砂利が多い場所をよく走行するトラックやダンプカーなどは、一般道路を走っている時にはタイヤの溝に挟まっていた小石や泥に混じった小石が、高速道路などのスピードを出せる道路を走り出すと一気に放たれる場合があります。また、一般車であっても小石が挟まりやすいスタッドレスタイヤが小石を跳ね上げることもあります。

高速道路であれば、時速80km~100kmほどのスピードで走行しているタイヤから、後方の車に向かって弾き飛ばされる小石ですので、どんなに動体視力が優れて運転が上手なドライバーでも避けることは不可能です。スピードが出ている状態ですので、仮に避けようとして急なハンドル操作を行なってしまえば、車をコントロールできなくなって大事故になる可能性もあります。

タイヤから弾き飛ばされる小石は、放物線を描く軌道で飛びやすく、荷台などから落とされる小石は路面で何度か跳ね上がります。そのため、一般的な自動車であればバンパーやフロントグリルにぶつかる小石であっても、車高の低いスポーツタイプの車は、フロントガラスに小石が当たる可能性が高くなり、ノーズ先端が低い車であれば、小石がボンネットを駆け上がってフロントガラスに当たることもあります。

この様なことから、飛び石被害を受けやすい車のタイプは、「車高が低い・ノーズ先端が低い・フロントガラスの面積が大きい」車とも言えますので、車のタイプがこれに該当する場合は、特に飛び石被害に遭わないように気を付けた方が良いと思います。しかし、飛び石の飛び方や軌道は、その時の状況によって異なると思いますので、どの様なタイプの車が被害に遭いやすいと言い切れない部分もあります。

飛び石被害を回避する方法

飛び石被害を受けるのは一瞬の出来事ですので、被害を受けやすい車種というよりも「運」の良し悪しが左右するとも言えます。スピードを出して走っていれば、いつ被害に遭うか全く分かりませんので、その確率を低減して予防することが最大の回避策と言えます。

飛び石を発生しやすいトラックやダンプカーには近づかないことが一番ですが、もしも後続車になってしまった場合は、しっかりと十分な車間距離を取っていれば、飛び石がフロントガラスに衝突するのを避けることができるでしょう。

また、スタッドレスタイヤも小石を跳ねやすいので注意が必要ですが、スタッドレスタイヤかどうかを走行中に見極めるのは無理ですので、いずれにせよ前を走っている車との車間距離は十分に取って、安全運転に心掛けることが結果的に飛び石被害の回避につながります。

小さなキズは早めに補修

ご自分の愛車を誰かに貸した後などは、バンパーやボディ回りはキズが付いていないか確認すると思いますが、フロントガラスまで確認する人は少ないと思います。小さなヒビは走行中の振動や外気と車内の温度差などが原因で、突然大きくヒビ割れることがあります。自分の目が届かないところで飛び石被害を受けている可能性もありますので、車を貸した後などはフロントガラスの確認をされた方が良いでしょう。

小さなキズやヒビは見逃しやすいですが、もしも見つけた場合はなるべく早くガラスリペアで補修しないと、大きくヒビ割れてしまう場合があります。

宮崎市の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ