三重県での出張フロントガラス交換

三重県での出張フロントガラス交換

三重県での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

三重県対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

三重県でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしやイタズラなどで、フロントガラスがキズやひび割れで破損したら…、フロントガラスの交換修理が必要です。安全な運転のためにも早めのフロントガラス交換をお勧めします。

フロントガラスがキズやひび割れで損傷していると車検も不合格になり、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。三重県内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(三重県対応)にご連絡下さい。

三重県内の出張フロントガラス交換は、松阪市/津市/伊賀市/鈴鹿市/名張市/桑名市/志摩市/伊勢市/四日市市/いなべ市/亀山市/熊野市/鳥羽市/尾鷲市/員弁郡/桑名/北牟婁/紀宝/御浜/紀北/木曽岬/南牟婁/度会郡/南伊勢町/多気/大紀および周辺地域など三重県内全域対応です。

三重県対応の便利な出張フロントガラス交換は国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く、品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメです!

品質保証は施工後3年間だから安心。もしもの場合はオペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで施工後1年以内にフロントガラス再交換が必要になった場合は半額で対応します。

三重県内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 三重県内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ!(三重県内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で三重県内も24時間ご予約受付中!

三重県のフロントガラス交換出張エリア

三重県のフロントガラス交換出張エリア

三重県内全域の出張フロントガラス交換に対応しております。

  • 【あ】いなべ市/尾鷲市/伊勢市/伊賀市/員弁郡東員
  • 【か】桑名市/亀山市/熊野市/北牟婁郡紀北/桑名郡木曽岬
  • 【さ】鈴鹿市/志摩市
  • 【た】鳥羽市/津市/多気郡-明和・大台・多気
  • 【な】名張市
  • 【ま】松阪市/南牟婁郡-御浜・紀宝/三重郡-朝日・川越・菰野
  • 【や】四日市市
  • 【わ】度会郡-度会・大紀・南伊勢・玉城

三重県内の上記および周辺エリアのフロントガラス交換に対応

三重県 フロントガラス交換トピックス

フロントガラスの汚れ:油膜と水垢汚れの除去と予防方法

油膜と水垢汚れの除去と予防方法

油膜汚れを取る時の注意

夜間の運転中に対向車のヘッドライトや街中の照明などの光がギラギラと反射して視界が悪くなってしまい、見通しが悪くなることがあります。また、雨が降っている時は、フロントガラス表面に付いた雨粒も光に反射しますので、尚更見通しが悪くなります。この光に反射するギラギラは、フロントガラス表面に付着した汚れやボディーの手入れで使ったワックスなどの油脂成分がガラスの表面に付着したのが原因です。この付着した油脂による汚れを「油膜」と呼んでいます。

油膜を除去する時は、ガラス専用の油膜取り剤を使用するのも良いですが、キッチンで使っている洗剤も意外と油膜取りの効果があります。キッチン用洗剤を使用する時は、少し濃い目の状態で使用すると油膜が良く取れます。キッチン用洗剤は、元々食器に付いた油を落とす役目がありますので、油膜取りにも効果があります。

フロントガラスの表面を掃除する時には、洗剤をいきなりスポンジに付けてから拭くのはNGです。ガラスの表面には砂や埃が付着してしますので、乾いた状態で拭いてしまうと、ガラス表面にキズを付けてしまいます。フロントガラスを掃除する時は、ボディを洗車する時と同じ様に先に水をかけて表面の砂や埃を洗い流してから、洗剤で掃除すると良いでしょう。

ガラスの水垢汚れ

油膜と同じ様にガラスの表面に付着して困るのは水垢汚れです。水垢はフロントガラスやサイドガラスの表面に、水滴の汚れが魚のウロコ状の模様になって付着します。ウロコ状の水垢汚れは、とても頑固に固着しますので、そう簡単に除去することはできません。カーショップやホームセンターで販売されているガラスの研磨剤や水垢除去剤を使用しても、きれいに水垢を除去するのは大変な作業になります。軽度の水垢汚れであれば、念入りに汚れ取りを行えば、完全に水垢汚れを除去できる場合もありますが、やはり自己流の方法では難しいでしょう。

水垢汚れは長い間放っておくと、汚れがドンドンひどくなる一方です。重度の水垢汚れでお手上げ状態になってしまった場合は、費用が必要になりますが、ガラス屋さんやカーコーティング・フィルム等の専門業者さんに水垢取りをお願いすると良いでしょう。そして、水垢汚れがきれいに除去できた後は、コマ目にガラスを手入れすることが大切です。軽度の水垢汚れの状態であればご自分でも除去することが可能です。

洗車した時などにガラス表面の水滴を拭き取った時に、薄っすらとウロコ状の跡ができた場合は要注意です。この痕跡は頑固にガラス表面に固着してしまう水垢汚れ柄の予備軍ですので、早めにきれいにする必要があります。痕跡が確認できた状態で放っておくと、雨が降った時にこの痕跡に沿って水滴が残り、いつも同じ箇所で付着と蒸発が繰り返しますので、残留物が少しずつ蓄積されて、頑固な水垢汚れになってしまいます。水垢汚れの対策は、早期発見と早めの除去が重要になります。

フロントガラスの水垢防止策としては、雨が降った後の水滴取りや定期的なお手入れが大切ですが、フッ素系のガラスコーディングが効果があります。いつも駐車している場所が、屋根のある駐車スペースまたは屋内の駐車場でない場合は、ガラスコーディングが有効です。

その他、シリコン系の撥水剤も水垢付着の原因になります。シリコン系の撥水剤は、ガラス表面で劣化してしまうと油膜になってしまうだけでなく、雨の後の水滴を残してしまい、水垢汚れの原因になってしまいますので注意が必要です。


三重県の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ