京都府での出張フロントガラス交換

京都府での出張フロントガラス交換

京都府での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

京都府対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

京都府でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしやイタズラなどで、フロントガラスがキズやひび割れで破損したら…、フロントガラスの交換修理が必要です。安全な運転のためにも早めのフロントガラス交換をお勧めします。

フロントガラスがキズやひび割れで損傷していると車検も不合格になり、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。京都府内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(京都府対応)にご連絡下さい。

京都府内の出張フロントガラス交換は、京都市-左京区・右京区・西京区・上京区・下京区・中京区・伏見区・北区・東山区・南区・山科区/宇治市/亀岡市/長岡京市/京田辺市/城陽市/木津川市/八幡市/南丹市/向日市/乙訓郡大山崎/久世郡久御山/綴喜郡井手・宇治田原/相楽郡南山城・笠置・和束・精華および周辺地域など京都府内全域対応です。

京都府対応の便利な出張フロントガラス交換は国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く、品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメです!

品質保証は施工後3年間だから安心。もしもの場合はオペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで施工後1年以内にフロントガラス再交換が必要になった場合は半額で対応します。

京都府内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 京都府内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ!(京都府内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で京都府内も24時間ご予約受付中!

京都府のフロントガラス交換出張エリア

京都府のフロントガラス交換出張エリア

京都府内全域の出張フロントガラス交換に対応しております。

  • 【あ】宇治市/乙訓郡大山崎
  • 【か】京田辺市/亀岡市/木津川市/久世郡久御山/京都市-右京区・山科区・上京区・北区・左京区・下京区・伏見区・中京区・西京区・東山区・南区
  • 【さ】城陽市
  • 【た】綴喜郡-井手・宇治田原/相楽郡-笠置・和束・南山城・精華
  • 【な】南丹市/長岡京市
  • 【ま】向日市
  • 【や】八幡市

京都府内の上記および周辺エリアのフロントガラス交換に対応

京都府 フロントガラス交換トピックス

フロントガラスがひび割れた時の応急処置と注意点

フロントガラスがひび割れた時の応急処置と注意点

走行中に飛び石がフロントガラスにぶつかったり、屋根に積もっていた雪の塊がフロントガラスの上に落ちて来て、フロントガラスにひび割れやキズが出来た場合、車両保険に入っていればガラスリペアやフロントガラス交換時に、その保険を利用して修理や交換を行うことができます。但し、車両保険を使って修理や交換を行うと、保険の等級制度にて等級ダウン取り扱いとなり、次回の保険料が多少上がりますので、どちらがお得で手間が掛からないか検討する必要もあります。

損傷した箇所のひび割れの大きさが、100円玉位の大きさより小さいの場合はガラスリペアでの修理がが可能ですが、それ以上の大きさの場合は、フロントガラス交換が必要になります。

応急処置と注意点

ひび割れが出来た時に適切な応急処置をしないでそのまま放置していると、ひび割れた箇所の隙間から水分や不純物が染みこんで、小さなひび割れでもガラスリペアで直せない場合があります。自動車のフロントガラスが割れるのは、そんなに頻繁に起きることではありませんが、あらかじめ適切な応急処置の方法を知っておくことで、いざという時に役立ちますので覚えておくと良いでしょう。

  1. フロントガラスの表面に出来たひび割れの損傷個所から、雨などの水分や埃などの不純物が染みこまない様にキズやひび割れが出来てしまったらすぐに、水分を通さない透明のビニールテープなどで保護します。この場合、透明のセロテープでは剥がれてしまうので効果がありません)
  2. キズやひび割れが出来た後は、撥水ウォッシャー液や撥水剤を噴射してはいけません。キズ口に撥水剤が染み込んで損傷個所に撥水被膜ができ、ひび割れた箇所を接着出来なくなってしまう場合があります。また、ガラスリペアが出来たとしても、施工後にひび割れが伸びて拡がってしまう場合があります。
  3. フロントガラスにキズやひび割れが出来てしまうと、風圧や走行時の振動、コーナリング時の車体のきしみや急な温度変化などの影響を受け易くなっています。この様な状態の時は舗装されていない悪路を走行したりスピードを出した状態での急ハンドル、高速走行は出来る限り控えて下さい。
  4. デフロスターはフロントガラスに直接風が当たり、急な温度変化を与え易いので使用しない様にします。また、窓を閉め切っていると、ドアを閉める時に圧力が車内にかかりますので、空気が逃げる様にサイドガラスを数ミリ開けておきます。
  5. ホームセンターやカーショップで販売されている「簡易補修キット」を使って、自分でリペアするのは、あまりお勧め出来ません。ほとんどの場合、上手く補修することはできず、仕上がりが汚くなってしまいます。
  6. キズやひび割れが出来たら、何もせずにそのままにしておくのは危険です。走行中に受ける衝撃や風圧でひび割れが急に伸びた時に驚いてハンドルやブレーキ操作を誤り、事故を誘発してしまう危険性があります。

京都府の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ