福山市での出張フロントガラス交換

福山市での出張フロントガラス交換

福山市での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

福山市対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

福山市でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石などでフロントガラスがひび割れたら…、早めの修理やフロントガラスの交換が必要です。

フロントガラスのひび割れは、車検で不合格になります。また、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。福山市内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(福山市対応)にご連絡下さい。

福山市対応の便利な出張フロントガラス交換は、国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応しています。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方に出張での交換がおススメです!

品質保証3年間だから安心。もしもの場合は、オペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで、施工後1年以内にフロントガラス交換が再度必要になった場合は半額で対応します。

福山市内の出張フロントガラス交換は、高槻町/富田町/芥川町/芝生町/大塚町/真上町/登町/安岡寺町/下田部町/津之江町など、福山市内全域に対応しております。

福山市内のフロントガラス交換・施工事例

福山市内でのフロントガラス交換事例

福山市引野町:トヨタ カローラのフロントガラス交換

出張先/作業場所

福山市引野町/お客様がお住いのマンション内にある空スペース

車種/年式/排気量/型式

トヨタ カローラ/平成13年式/1496cc/TA-NZE121

お客様のコメント

一般的に車が壊れた時には、自分で修理工場に車を持ち込んだり、レッカーで修理工場に持ち込む必要があります。しかし、「自宅に来てくれて、割れたフロントガラスを交換してくれる出張フロントガラス交換サービスがある。」と、知人に教えてもらい、会社帰りの電車の中でネット検索して詳細を確認しました。

フロントガラスの交換をお願いしたいのは、トヨタのカローラで排気量は1,500cc。料金は「55,800円+消費税」で、割れた交換前のフロントガラスも処分してくれるということでしたので、お願いしました。料金:60,200円(税込)

福山市新涯町:ホンダ インサイトのフロントガラス交換

出張先/作業場所

福山市新涯町/お客様ご自宅の駐車スペース

車種/年式/排気量/型式

ホンダ インサイト/平成21年式/1339cc/DAA-ZE2

お客様のコメント

安い輸入品のフロントガラスでも3年間の品質保証があり、1年以内にフロントガラスの交換が必要になった場合には半額対応とホームページに掲載されていたので、フロントガラスの交換をお願いすることにしました。

自宅の駐車場に屋根がないので天気が心配でしたが、雨も降らずに予定日通りにフロントガラスの交換を行ってもらえて助かりました。料金:60,200円(税込)


※お客様からのコメントは、ご注文時や交換作業時の会話内容などを文章化したものです。

福山市内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 福山市内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ! (福山市内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で福山市内も24時間ご予約受付中!

福山市 フロントガラス交換トピックス

飛び石でフロントガラスが割れた時の賠償責任

飛び石の損害賠償

自分の不注意でフロントガラスにキズやひび割れを作ってしまうこともありますが、自分が運転している車以外の車のタイヤが跳ねた飛び石被害を受けて、フロントガラスにキズやひび割れができてしまうことがあります。

この様な場合には、石を跳ねた相手を特定するのも難しく、本当に飛び石でフロントガラスが割れたのかなどを証明するのも難しいため、誰かに損害賠償できるのかどうかの判断が難しい場合があります。

損害賠償するために必要なこと

(1)相手を特定できるか?
飛び石でフロントガラスが割れてしまった場合、相手が誰かをはっきりと特定する必要があります。走行中の飛び石でフロントガラスの交換や修理が必要になった場合、可能性が高いのは自分の前を走っていた車ですが、隣の車線を走っていた車や、対向車線の車かも知れないため、相手を特定するのは難しいでしょう。

(2)過失が相手側にあることを認めさせる
走行中に飛び石をワザと跳ね上げる人はいないと思いますので、自分の過失を認めてくれる人はほとんどいないと思います。

(3)警察に調査依頼しても無駄
警察に相談すれば、交通事故の証明などはしてくれるかもしれませんが、犯罪ではありませんので石を跳ねた相手を探したり、過失を相手に認めさせたりはしてくれません。前を走っていた車のナンバーが分かっていたとしても、調査はしてもらえないと思います。

飛び石被害を受けない様に自己防衛

飛び石が飛んでくるためには、石を跳ねた相手がいるはずですので、相手を特定して賠償請求したいと思いますが、ほとんどの場合、賠償してもらえるケースは少ないと思います。

飛び石被害で相手を特定して損害賠償できるケースは少ないですので、自分が加入している車両保険を利用したり、全て自費でフロントガラスを交換したり、リペアで補修することになってしまいます。車両保険を使えたとしても保険の等級に影響して保険料を多く支払うことになってしまいますので、まったく自分に負担が発生しない訳でもありません。

自分に非がないのにも関わらず、自分でお金を出してフロントガラスの交換や修理を行わなければいけなくなります。飛び石被害に逢わないためにも、前を走っている車との車間距離を多めにとったり、砂利道を頻繁に走っている様なトラックには近づかない様にして自己防衛されるのが良いでしょう。


福山市の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ