白河市での出張フロントガラス交換

白河市での出張フロントガラス交換
白河市での出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

白河市での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

白河市対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

白河市でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石などでフロントガラスがひび割れたら…、早めの修理やフロントガラスの交換が必要です。

フロントガラスのひび割れは、車検で不合格になります。また、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。白河市内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(白河市対応)にご連絡下さい。

白河市対応の便利な出張フロントガラス交換は、国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応しています。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方に出張での交換がおススメです!

品質保証3年間だから安心。もしもの場合は、オペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで、施工後1年以内にフロントガラス交換が再度必要になった場合は半額で対応します。

白河/表郷/大信/小田川/大沼/五箇/関辺/旗宿/東地区など、白河市内全域の出張フロントガラス交換に対応しています。

白河市内のフロントガラス交換・施工事例

白河市内でのフロントガラス交換事例

白河市表郷金山:トヨタ カローラのフロントガラス交換

出張先/作業場所

白河市表郷金山:お客様ご自宅の駐車スペース

車種/年式/排気量/型式

トヨタ カローラ/平成17年式/1496cc/CBA-NZE121

お客様のコメント

10ヶ月ほど前にフロントガラスがひび割れたので、フロントガラスを交換修理したばかりなのに、またひび割れができてしまいました。前回フロントガラスを交換修理した時は、このクルマを買った販売店の修理工場に頼んだのですが、結構な料金を支払いました。1年も経たない内にまたひび割れてしまうなんて本当に不幸な話しです。

前回フロントガラスがひび割れた時は初めてだったので、販売店の修理工場にクルマを持ち込んで修理しましたが、修理作業は他のガラス専門の業者に頼んだようなことを言っていたのを思い出しました。それで前回のフロントガラスの交換修理の際には、中間マージンを含んでいるので料金が高かったのかと思いました。

今回はインターネットで検索して、直接自分でフロントガラス交換専門の業者を探して交換修理をお願いすることにしました。ネット検索してみたら「格安な出張フロントガラス交換」という文字が印象深かったので、ホームページに掲載されている内容を熟読しました。輸入ガラスというフロントガラスについても検索して調べたので、なぜ格安なのかは理解しました。

品質保証が3年付いており、不注意や故意ではないのにフロントガラス交換修理が必要になった場合に1年以内の再交換は半額というサービスに魅力を感じました。1年間に2回もフロントガラスがひび割れることは、ほとんど起きないと思いましたが、実際に私のクルマのフロントガラスはひび割れてしまいました。2度あることは3度あるとも言いますので、出張フロント交換サービスを利用することにしました。

料金:60,200円(税込)・・・フロントガラス代、出張費、作業費、ガラス処分料などの総額


※お客様からのコメントは、ご注文時や交換作業時の会話内容などを文章化したものです。

白河市内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 白河市内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ! (白河市内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で白河市内も24時間ご予約受付中!

白河市 フロントガラス交換トピックス

フロントガラスに撥水剤を使う時のポイント

フロントガラスのコーディング 

フロントガラスを撥水剤で上手にコーディングすると、雨が降ってフロントガラスの表面が濡れても、雨粒が滑るように落ちたり吹っ飛んで、雨の日の運転でも視界が良くなります。

しかし、撥水剤にも種類がありますので、耐水性や撥水性、価格や施工方法などを比較検討して、ご利用になる撥水剤を選んで正しい方法で施工しないと、せっかくの効果も半減してしまいます。

フロントガラス撥水剤の種類

フロントガラスに使用できる撥水剤には、「フッ素系」と「シリコン系」の2種類があります。それぞれの性能を比較して、どちらを使用するか決めるのが良いでしょう。比較検討する項目としては。「耐久性・撥水性・価格・施工」などになりますが、

  • 耐久性は「フッ素系」の方が優れています。
  • 撥水性は「シリコン系」の方が優れています。
  • 価格は「フッ素系」の方が2倍くらい高額になります。
  • 施工については「フッ素系」を使用した場合は、しっかりと乾燥させて硬化させる必要があります。

最近では2種類の性能を兼ね揃えたフロントガラス用の撥水剤も販売されており、フッ素系なみの耐久性がありシリコン系なみの撥水性があるとして販売されています。

2種類の撥水剤の違いとしては、シリコン系は油が塗ってあるような状態で流動性がありますが、フッ素系はフロントガラスの表面で固く硬化しますので、フッ素系の方が対候性に優れています。しかし、シリコン系はフロントガラスの表面に油が塗られているようになりますので、施工したばかりであればシリコン系の方が水弾きが良いように感じられます。

実際に説明書を見ながら正しい方法で施工しても、説明通りの効果が持続しない場合もありますので、実際に使い分けたり試してみて、ご自分の好みに合ったものを選ぶのも良いと思います。

コーディング前にしっかりと下地処理を行います。

洗車した時に軽く水拭きした程度で撥水剤を施工しても、効果や持続性が半減してしまいますので、下地処理をしっかりと行うことが大切です。フロントガラスの表面もボディと同じ様に汚れやしつこい水垢や油膜が付着しています。

フロントガラスに付着した油膜は、夜間に対向車のヘッドライトの光を乱反射して視界を悪くする厄介なものです。そのため、この油膜をしっかりと落とさないと、撥水剤の効果に影響してしまいます。油膜は大気中や雨に含まれる油やボディにワックス掛けしたものなどが流れ落ちて、フロントガラスに付着してしまいます。また、シリコン系撥水剤が劣化したものが、新たな油膜を増やす原因にもなります。

油膜取り剤が含まれたカーシャンプーなどで油膜が取れたつもりでも、コーディングする時はもっと念入りに油膜を取り除かないと耐久性が悪くなってしまいますで、台所用洗剤も使って良く洗い水気を完全に取り除きます。更にアルコールを使って脱脂すれば完全な下地処理となります。

しっかりと乾燥して硬化させる

フッ素系のものは、しっかりと乾燥してフロントガラス表面で硬化させる必要があります。乾燥中に雨に濡らしてしまったり、ワイパーを動かしてしまうと、しっかりと硬化する前の被膜表面を傷めることになり、せっかくの耐久性が低減してしまいます。

駐車場に屋根がない方が多いと思いますので、天気予報を見ながら確実に雨が降らない日を選んでコーディング作業を行うと良いでしょう。

グラファイト加工されたワイパーゴムを使用する

撥水剤コーディングすると水弾きが良くなりますので、ワイパーを使用した時に空拭き状態になり、フロントガラス表面とワイパーゴムの摩擦抵抗が大きくなります。摩擦抵抗が大きくなると、コーティングの被膜が剥がれ易くなってしまいますので、グラファイト加工されている撥水剤コーディングされたフロントガラス用のワイパーゴムを使用します。


フッ素系、シリコン系それぞれにメリットがありますが、しっかりとコーディング作業するのは大変ですので、耐久性のあるフッ素系のものを施工して、ワイパーゴムもコーディングしたフロントガラス用のものに交換するのが良いでしょう。


白河市の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ