筑紫野市での出張フロントガラス交換

筑紫野市での出張フロントガラス交換
筑紫野市での出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

筑紫野市での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

筑紫野市対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

筑紫野市でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石などでフロントガラスがひび割れたら…、早めの修理やフロントガラスの交換が必要です。

フロントガラスのひび割れは、車検で不合格になります。また、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。筑紫野市内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(筑紫野市対応)にご連絡下さい。

筑紫野市対応の便利な出張フロントガラス交換は、国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応しています。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方に出張での交換がおススメです!

品質保証3年間だから安心。もしもの場合は、オペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで、施工後1年以内にフロントガラス交換が再度必要になった場合は半額で対応します。

筑紫野市の二日市/山口/筑紫/御笠/山家地域地域など、筑紫野市全体の出張フロントガラス交換に対応しています。

筑紫野市のフロントガラス交換・施工事例

筑紫野市内でのフロントガラス交換事例

二日市/山口/筑紫/御笠/山家地域地域など、筑紫野市全域の出張フロントガラス交換に対応しています。手間なし便利な出生フロントガラス交換サービスをご利用ください。

筑紫野市筑紫:ホンダ ライフのフロントガラス交換

出張先/作業場所

筑紫野市筑紫:お客様ご自宅の駐車スペース

車種/年式/排気量/型式

ホンダ ライフ/平成24年式/658cc/CBA-JC2

お客様のコメント

2週間ほど前に飛び石でフロントガラスにヒビができてしまいました。1センチに満たない小さなヒビでしたので、すぐに修理しなくても良いと思い、すぐに修理することなど考えもしませんでした。しかし、ヒビができたのは確かでしたので、フロントガラスにヒビができた時の応急処置方法を調べて、ヒビをしっかりと覆うように透明のビニールテープを貼っておきました。

走行中の振動や気温差などで、ヒビが大きくなることがあることは、応急処置について調べている時に分かっていました。しかし、3日ほどそのままにしていて何ともなかったので、ヒビが振動や気温差で大きくなることを忘れかけていた頃に、ヒビが突然伸びて大きくなってしまいました。

ヒビの長さはリペアできないほど伸びてしまい、フロントガラスの交換修理が必要になってしまいました。すぐにリペアしていれば、修理に5万円以上も支払うことにならなかったと思うと残念です。フロントガラスの輸入ガラスのことを知らなかったら、フロントガラスの交換修理に10万円以上かかってしまったかもしれません。Yahoo検索している時に「出張フロントガラス交換サービス」を見つけられて良かったです。

料金:53,700円(税込)・・・フロントガラス代、出張費、作業費、ガラス処分料などの総額


※お客様からのコメントは、ご注文時や交換作業時の会話内容などを文章化したものです。

筑紫野市内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 筑紫野市のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ! (筑紫野市内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で筑紫野市も24時間ご予約受付中!

筑紫野市 フロントガラス交換トピックス

フロントガラスの飛び石被害が多い場所や時期

フロントガラスの飛び石被害が多い場所や時期 

高速道路などでスピードを出して走っている時に突然小石が飛んできて、フロントガラスにヒビが入ることがあります。これらの飛んでくる小石を「飛び石」と呼んでいますが、飛び石被害を受けやすい場所や時期がありますので注意する必要があります。

高速道路走行中に飛び石被害が多い

飛び石被害というと「落石注意」の標識がある道路や、砂利道を想像するかもしれませんが、飛び石被害は高速道路走行中に最も注意する必要があります。飛び石はタイヤの溝に挟まっていた小石が外れて飛んできたり、路面に転がっている小石が跳ね上げられて飛んできます。車のフロントガラスに当たった場合、その破損の程度は走行時の車速によって変わってきます。

フロントガラスにヒビが入るのは車速が60km/h以上の時が多いようですが、一般道走行中であれば飛び石がぶつかったとしてもガラスの表面が僅かに欠ける程度の場合が多いです。しかし、高速道路走行中であれば、80km/h以上のスピードを出して走行していますので、それだけ衝撃も強くなり破損の程度も大きくなります。

スタッドレスタイヤを履く時期に注意

砂利道を走る機会が多いダンプカーや大型車の後ろを走る時は、特に飛び石に注意する必要があります。その他にも多くの車がスタッドレスなどの冬タイヤを装着する時期も飛び石被害が起こりやすいと言えます。冬タイヤは夏タイヤと比べると材質が柔らかいため、小石をタイヤの溝に挟みやすいのが要因です。一般道走行中にタイヤの溝に挟まった小石が高速道路走行中に外れて飛んでくることもあります。

また、冬タイヤの切り替え時期に当たる秋や春の時期に飛び石被害が増える傾向があります。これらの時期は積雪が少なく路面も乾いていますので、タイヤの溝に小石を挟みやすいのが影響しています。

フロントガラスが破損した時の対処

フロントガラスに飛び石が当たった時には「バチン!」という様な音がします。不運にもフロントガラスに小さなヒビが入ってしまった場合は、走行時の振動や気温差でヒビがドンドン伸びてしまいますので、早めに応急処置をしてリペアした方が良いでしょう。

リペアは透明な樹脂を注入して補修しますが、表面が欠けてる場合は樹脂で埋め、ヒビが入っている場合はヒビの奥まで樹脂を注入して接着します。あまり大きなヒビはリペアで補修するのは難しいため、目安として500円玉よりも大きくヒビが伸びている場合は、フロントガラスの交換修理になります。

リペアした人の経験や技術力にもよりますが、リペアした後はほとんど目立たないレベルまで補修することができます。ご自分で市販されている補修キットを購入して補修作業を行うこともできますが、素人が行うとヒビの先端まで樹脂が入り切らず、後でヒビが広がってしまうこともあり、仕上がりもきれいにならないことが多いでしょう。

フロントガラスが飛び石被害に遭わないためには

走行中の飛び石被害は一瞬の出来事ですので、飛び石が飛んできた場合は避けることはできません。被害に遭わないためには、「大型車に近づかない」「前の車との車間距離を多めに取る」などに気を付けて運転するようにすると良いでしょう。

フロントガラスが破損してしまった場合は、修理費用も時間も手間もかかりますので、すぐにリペアやフロントガラスの交換修理が行えない場合もあると思います。また、小さなヒビ程度であれば「費用をかけてすぐに修理する必要もない」と考える人もいるかもしれません。

すぐにリペアを行わない場合は、キズやヒビができた個所に専用のシールや透明のビニールテープを貼り、ヒビに汚れや水分が入り込まないようにすると良いでしょう。

筑紫野市の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ