トラック・大型トラックの出張フロントガラス交換

トラック・大型トラックの出張フロントガラス交換
フロントガラス交換のご注文・お問い合わせ フロントガラス交換の料金ご案内

トラック・大型トラックの出張フロントガラス交換情報

トラック・大型トラックのフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

トラック・大型トラックのフロントガラス交換は、格安な輸入ガラスで費用削減! 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしやイタズラなどで、フロントガラスがキズやひび割れで破損したら…、フロントガラスの交換修理が必要です。安全な運転のためにも早めのフロントガラス交換をお勧めします。

フロントガラスが損傷していると車検も不合格になり、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。まずは生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービスにお問い合わせ下さい。

トラック・大型トラックの出張フロントガラス交換は、キャンター/ファイター/エルフ/ギガ/デュトロ/レンジャー/タウンエース/ハイエース/タイタン/マツダボンゴ/ダットサン/アトラス/UDトラックスなど、カーゴタイプ・ダンプタイプ・ドライバンタイプほぼ全車種に対応しております。宅配車、冷蔵・冷凍車タイプのトラックもお任せ下さい。

輸入新品フロントガラスは、JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検も合格します。とにかく料金を安く、品質保証期間が長い格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメです!

品質保証は施工後3年間だから安心。もしもの場合はオペレーターが24時間サポートします。また、フロントガラス交換を行った同じ車両が、飛び石などで施工後1年以内にフロントガラス再交換が必要になった場合は半額で対応します。

トラック・大型トラックのフロントガラス出張交換の特徴

  • 飛び石や落下物、車上荒らし被害で、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • お客様のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ!
  • 国産のトラック・大型トラックに対応で24時間ご予約受付中!

トラック・大型トラックのフロントガラス交換対応車種一覧

  • いすゞトラック
    いすゞエルフ/いすゞギガ/いすゞジャストン/いすゞフォワード
  • 三菱ふそうトラック
    キャンター/キャンター エコハイブリッド/キャンターガッツ/ファイター/スーパーグレード
  • 日野自動車製トラック
    日野デュトロ/日野ドルフィン/日野プロフィア/日野レンジャー
  • トヨタ製トラック
    タウンエース・ライトエース・ダイナトヨエース・ハイエース・ハイラックストラック
  • マツダ製トラック
    マツダタイタン/マツダタイタンダッシュ/マツダボンゴトラック
  • UDトラックス製トラック
    UDトラックスクオン・UDトラックスビックサム・UDトラックスコンドル
  • 日産自動車製トラック
    日産ダットサントラック・日産アトラス(アトラス10ガソリン/アトラス10ディーゼル/アトラス20/アトラスF24ガソリン/アトラスF24ディーゼル)

※カーゴタイプ・ダンプタイプ・ドライバンタイプのトラック、宅配車・冷蔵・冷凍車タイプもお任せ下さい。

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

フロントガラス交換トピックス

自動車のフロントガラスの種類と交換例

自動車のフロントガラスの種類と交換例

自動車のフロントガラスは、走行中に他の車のタイヤから飛んできてぶつかる飛び石、車上荒らしやイタヅラ、屋根に溜まっていた雪や氷の塊などがぶつかってキズやひび割れができることがあります。また、フロントガラスに小さなキズがあった場合、温度変化が原因になって線上にひび割れることもあります。500円硬貨よりも小さなキズであれば、ガラスリペアでも修復可能な場合もありますが、キズの大きさや場所によってはフロントガラスそのものを交換する必要があります。

交換するフロントガラスの種類

自動車のフロントガラスには、安全性を高めるために特殊加工がされた「合わせガラス」が使われています。フロントガラスは、運転している時の安全な視界確保や、走行中にフロントガラスにぶつかる飛び石や飛来物からの保護、そして事故が起きた時にドライバーや同乗者を怪我から守る工夫が施されています。

ディーラーさんなどでフロントガラスを交換しようとすると、その交換費用はほとんどの場合は10万円を超えてしまいますので、いざ交換しようとした時に躊躇してしまうと思います。ディーラーさんでのフロントガラス交換は、ほとんどの場合はメーカー純正品のフロントガラスと交換することが多いですので、部品代だけでかなりの費用が必要になってしまいます。

フロントガラス交換をする際、車両保険を適用して交換すれば、メーカー純正品のフロントガラスでも費用の問題は心配ありません。しかし、車両保険を適用すると免責が発生する場合や車両保険に加入していない為、少しでも交換代金を安くしたい場合は、メーカー純正品以外のフロントガラスを選択することもできます。価格が安いので心配と思われるかも知れませんが、JIS規格適合品で品質保証も付いていますので、特に安全上の心配は必要ありません。

メーカー純正のフロントガラス
車両保険に加入しているので保険適用でフロントガラスに交換する場合や、まだ1回目の車検を受けていない買ったばかりの車なので、新車購入時と同じ状態に戻したい方におススメです。

国内メーカーのフロントガラス
車両保険に加入していても、免責が発生するので保険を適用したくない場合や、メーカー純正品の代金が高額な為、少しでも費用を安くしたい方におススメです。

中古品のフロントガラス
車両保険に加入していない為、フロントガラス交換費用を安くしたい場合や、車の年式も古いので、新品のフロントガラスに交換しなくても良いと思う方におススメです。

輸入フロントガラス
車両保険未加入で、とにかく安い費用でフロントガラスを交換したい方におススメです。JIS規格適合品で品質保証も付いておりますので安全性も問題ありません。当社で輸入ガラスへ交換した場合は、「施工後3年保証」「施工後1年以内の再交換は半額」などの特典付ですので、安心して輸入フロントガラスへの交換をお選び下さい。

フロントガラスの交換手順例

  1. フロントガラスを取り外す際に邪魔になる、ワイパーなどのパーツを取り外します。
  2. フロントガラスの周りに付いているモールを取り外します。車種や年式に寄りますが、モールがボディに接着されている場合は、カッターでモールを切り離しながら取り外します。モールをカッターで取り外した場合は、モールの再利用ができませんので、モールも新しいものに交換する必要があります。
  3. フロントガラスの上や左右の接着面を接着剤カット専用のL型カッターで切断します。L型カッターが届かないフロントガラス下側は、ピアノ線を使って接着剤を切断します。
  4. ボディに残った接着剤は、スクレーバーを使ってきれいに取り除きます。
  5. フロントガラスがボディと接着する部分にガラス用の接着促進剤を塗布します。
  6. ボディ側に接着性の促進と錆防止のボディ用プライマーを塗布します。
  7. 充填用ガンで自動車ガラス用の接着剤を塗布します。
  8. 新しい交換用のフロントガラスを取り付けます。確実に接着できる様にガラスの端を全周にわたって軽く押し付け、テープなどで固定して完全に接着剤が硬化して乾くのを待ちます。乾燥時間は「夏場で半日、冬場で1日」が目安となります。

トラック・大型トラックの出張フロントガラス交換のトップへ

ページの先頭へ