スバル車の格安な出張フロントガラス交換

スバル車の出張フロントガラス交換
フロントガラス交換のご注文・お問い合わせ フロントガラス交換の料金ご案内

スバル車の出張フロントガラス交換情報

SUBARU車のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

スバル車のフロントガラス交換は、格安な輸入ガラスで費用削減! 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしやイタズラなどで、フロントガラスがキズやひび割れで破損したら…、フロントガラスの交換修理が必要です。安全な運転のためにも早めのフロントガラス交換をお勧めします。

フロントガラスが損傷していると車検も不合格になり、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。まずは生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービスにお問い合わせ下さい。

スバル車の出張フロントガラス交換は、スバル車のプレオ/ヴィヴィオ/ドミンゴ/ディアスワゴン/アルシオーネ/インプレッサ/サンバーディアスワゴン/サンバートラック/エクシーガ/サンバー/デックス/フォレスター/レガシィツーリングワゴン/レガシィセダン/レガシィグランドワゴン/BRZ/レックスなど、ほぼ全車種に対応しております。

輸入新品フロントガラスは、JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検も合格します。とにかく料金を安く、品質保証期間が長い格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメです!

品質保証は施工後3年間だから安心。もしもの場合はオペレーターが24時間サポートします。また、フロントガラス交換を行った同じ車両が、飛び石などで施工後1年以内にフロントガラス再交換が必要になった場合は半額で対応します。

スバル車のフロントガラス出張交換の特徴

  • 飛び石や落下物、車上荒らし被害で、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • お客様のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ!
  • スバル車のほぼ全車種に対応で24時間ご予約受付中!

スバル車のフロントガラス交換対応車種一覧

  • 【ア】アルシオーネ/インプレッサクーペ/インプレッサ/インプレッサスポーツワゴン/インプレッサスポーツ/ヴィヴィオタルガトップ/ヴィヴィオビストロ/ヴィヴィオ/エクシーガ
  • 【サ】サンバーディアスバン/サンバートライ/サンバーオープンデッキ/サンバー/サンバーディアスワゴン/サンバートラック/ジャスティステラ
  • 【タ】デックス/ディアスワゴン/ドミンゴ/トレジア/トラヴィック
  • 【ハ】フォレスター/プレオプラス/プレオ/レックスコンビ
  • 【ラ】ルクラ/レガシィツーリングワゴン/レガシィB4/レガシィアウトバック/レガシィグランドワゴン/レガシィランカスター/レガシィセダン/レックスコンビ/レックス
  • 【英数字】R1/R2/BRZ

※スバル車で上記一覧に車種掲載がない場合は、お問い合わせ下さい。

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

フロントガラス交換トピックス

フロントガラスの日除け効果

フロントガラスの日除け効果

夏が近づき太陽の日差しが強くなり気温が上昇してくると、フロントガラスから車内に差し込んでくる強い日差しで車内の温度ドンドン熱くなり、日中の運転がとても辛い時期になります。特に外回りが多い配達業務や営業のお仕事では、何度も車の乗り降りをする必要があり、暑くてうんざりしてしまいます。

夏の炎天下に駐車していると、フロントガラスから差し込む日差しで車内に熱がこもりサウナ状態になり、ハンドルやダッシュボードが熱せられて熱くなり素手で触れないくらいになります。燃料代や防犯の事を考えると、エアコンを駐車中にかけたままにしておく訳にもいきませんので、炎天下に少し長い時間停車する必要がある場合は、サンシェードをフロントガラスに取り付けて日除け対策を行えば効果があります。

炎天下に車を駐車した時に車内で高温になる場所は、一番フロントガラスに近いところにあるダッシュボードですが、熱せられたダッシュボードの熱で車内の温度が上がってしまいます。よって、サンシェードをフロントガラスに取り付けて日差しを遮ってしまえば夏の車内の暑さ対策になります。

サンシェードの取付方法について

フロントガラスに取り付けるサンシェードは、種類分けすると「吸盤付き」と「吸盤無し」の2種類に分けられますが、「吸盤付き」と「吸盤無し」には、それぞれにメリットとデメリットがありますので、フロントガラスのサイズや使用条件により、条件に合ったタイプのサンシェードを選ぶと良いでしょう。

吸盤が付いているタイプのものは、比較的簡単な方法で取り付けや取り外しができます。しかし、時間が経つと次第に吸盤が付いていない中央付近がたるんで隙間ができてしまいます。そして、その隙間から車内に日差しが差し込んでしまう場合があります。また、吸盤の痕跡がフロントガラスに残ってしまいますので、吸盤の痕跡が気になる方はそれをデメリットに感じてしまう場合もあります。

吸盤なしタイプのものは、サンバイザーで押さえ付けて使用するものが多いですが、フロントガラスの大きさや形状に合ったサイズのものを選ばないと、フロントガラス全体をカバーできず隙間ができてしまいますので、フロントガラスのサイズを測ってから購入する様にしましょう。

最近は様々なデザインや素材を使用したものがあります。表と裏で色が異なるタイプのものは、セットする時に表裏が逆にならない様に注意して下さい。表裏を間違ってしまうと、太陽光を吸収してサンシェードが熱くなり、返って車内の温度を上昇させてしまう場合もあります。


サンシェードで日除け対策を行っていても炎天下に駐車している場合は、車内が熱くなってしまいます。しかし、日よけ対策していない場合と比べれば効果があります。フロントガラスにマッチしたサイズのものを選んでしっかりと取り付け、車内に日差しが入り込まない様にすることが使用上のポイントになります。サンシェードは種類が豊富ですので、購入する時に迷ってしまうと思いますが、デザインだけで選んでしまうと隙間ができてしまったり、装着したものが外れてしまい効果が薄れてしまいますので、十分な日除け効果が得られる様に購入する時には注意して選ぶことが大切です。


スバル車の出張フロントガラス交換のトップへ

ページの先頭へ