マイクロバス・大型バスの出張フロントガラス交換

マイクロバス・大型バスの出張フロントガラス交換
フロントガラス交換のご注文・お問い合わせ フロントガラス交換の料金ご案内

マイクロバス・大型バスの出張フロントガラス交換情報

マイクロバス・大型バスのフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

マイクロバス・大型バスのフロントガラス交換は、格安な輸入ガラスで費用削減! 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしやイタズラなどで、フロントガラスがキズやひび割れで破損したら…、フロントガラスの交換修理が必要です。安全な運転のためにも早めのフロントガラス交換をお勧めします。

フロントガラスが損傷していると車検も不合格になり、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。まずは生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービスにお問い合わせ下さい。

マイクロバス・大型バスの出張フロントガラス交換は、日産シビリアン/いすゞジャーニー/三菱ふそうローザ/マツダパークウェイ/日野リエッセ/トヨタコースター/トヨタハイエースなど、国産のマイクロバスや大型ガスに対応しております。

輸入新品フロントガラスは、JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検も合格します。とにかく料金を安く、品質保証期間が長い格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメです!

品質保証は施工後3年間だから安心。もしもの場合はオペレーターが24時間サポートします。また、フロントガラス交換を行った同じ車両が、飛び石などで施工後1年以内にフロントガラス再交換が必要になった場合は半額で対応します。

マイクロバス・大型バスのフロントガラス出張交換の特徴

  • 飛び石や落下物、車上荒らし被害で、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • お客様のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ!
  • 国産のマイクロバス・大型バスに対応で24時間ご予約受付中!

マイクロバス・大型バスのフロントガラス交換対応車種一覧

  • いすゞ自動車製
    いすゞジャーニー/いすゞガーラ/いすゞガーラミオ
  • 日野自動車製
    日野リエッセ/日野リエッセ2/日野ブルーリボン/日野メルファ/日野レインボー/日野セレガ/日野ポンチョ
  • 三菱ふそう製
    ローザ/エアロミディ/エアロスター/エアロクィーン/エアロエース
  • トヨタ自動車製
    トヨタハイエース/ハイエースコミューター/コースター
  • マツダ自動車製
    マツダパークウェイ
  • 日産自動車製
    日産シビリアン/日産NV350キャラバン

※上記に記載のないマイクロバスや大型バスのフロントガラス交換もお問い合わせ下さい。

※車体の大きなマイクロバス・大型バスは、出張フロントガラ交換が便利です!

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

フロントガラス交換トピックス

車のフロントガラスに傷やヒビができた時の対処について

フロントガラスに傷やヒビができた時の対処

車のフロントガラスに飛来物や飛び石が飛んできて、傷やヒビができて破損してしまった場合は、車両保険に加入していれば、保険を適用して破損したフロントガラスの修理や交換が可能です。但し、車両保険を適用してフロントガラスの修理や交換を行った場合、以前は等級据えの取り扱いになり、翌年の保険料も上がりませんでしたが、最近は規約が変わり1等級ダウンの取り扱いになり翌年の保険料が上がりますので、保険を使うかどうかは良く検討された方が良いでしょう。

ヒビの大きさが500円硬貨の大きさよりも小さければ、場所によってウインドウリペアが可能で数万円で修理できることができますので、保険を使わず修理した方が良いかも知れません。一方、ヒビが大きかったりウインドウリペアできない場合は、フロントガラスの交換が必要になります。メーカー純正品や国産のフロントガラスに交換すると、ほとんどの場合は10万円を超えてしまいますので、車両保険に加入しているのであれば保険を利用してフロントガラス交換をされた方が良いと思います。

フロントガラスは破損した時の応急処置と対処について

(1)フロントガラス表面にできた傷口にホコリや雨などの不純物が入り込まない様に、水を通さないビニールテープなどで破損した傷口を保護します。セロテープやガムテープで代用してはいけません。カーショップなどにフロントガラスの傷やヒビの一時的な応急処置用の専用シールも販売されています。

(2)傷口をきれいにしようとして、水で洗ったり、洗剤で洗ったり、ウォッシャー液を使ったりしてはいけません。傷口からガラスの内部に不純物が染み込んでしまい、ガラスリペア剤で接着できなくなり、結局フロントガラス交換が必要になってしまいます。

(3)傷やヒビができたフロントガラスは、外部から受ける圧力や急激な温度変化で大きくヒビ割れてしまうことがあります。強い風圧を受ける高速走行や、振動や強い衝撃を受ける悪路走行や段差を乗り越えたり、急なコーナリングは控えて下さい。また、傷口を指や手で押して圧力を加えてもいけません。

特にフロントガラスの外周付近に損傷個所がある場合は、車体からの圧力を受け易いですので注意が必要です。エアコンやヒーターの風を直接受けるデフロスターの噴き出し口付近にキズやヒビがある場合は、デフロスターの使用を控えて下さい。また、夏の炎天下に駐車する時は、車内の空気が膨張することによる圧力を受けない様に、窓を数ミリ開けておくと良いでしょう。

冬の凍える様な朝は、フロントガラスの表面に霜が降りて凍ってしまう場合があります。そんな時にフロントガラス上の霜や氷を溶かそうとして熱いお湯をかけてはいけません。急な温度変化が原因になり、大きくひび割れしてしまうことがあります。

車のドアを閉める時に「バタン!」と強く閉めてしまうと、車内に大きな圧力がかかってしまいます。うっかりドアを強く閉めても大丈夫な様に、傷口をきちんと修理できるまでは、窓を数ミリ開けて空気の逃げ道を作っておくのが良いでしょう。

(4)カーショップやホームセンターでフロントガラスの補修キットが販売されていますが、ご自分で作業を行った場合には失敗することが多く、なかなか上手に補修することはできません。傷口が加工されてしまうと、ウインドリペアができませんので、結局フロントガラス交換が必要になってしまいます。

車を運転している時に「バチン!」という様な大きな音がして、何かがフロントガラスにぶつかったと感じた時は、フロントガラスに飛び石や飛来物で傷やヒビができている可能性があります。フロントガラスの中央付近であれば損傷個所を見つけ易いですが、車検証やバックミラー付近、フロントガラスの外周付近は損傷個所を見つけ難いですので、安全な場所に停車して一度念入りにフロントガラスの傷点検をされた方が良いでしょう。


マイクロバス・大型バスの出張フロントガラス交換のトップへ

ページの先頭へ