諫早市での出張フロントガラス交換

諫早市での出張フロントガラス交換

諫早市での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

諫早市対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

諫早市でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしやイタズラなどで、フロントガラスがキズやひび割れで破損したら…、フロントガラスの交換修理が必要です。安全な運転のためにも早めのフロントガラス交換をお勧めします。

フロントガラスがキズやひび割れで損傷していると車検も不合格になり、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。諫早市内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(諫早市対応)にご連絡下さいにご連絡下さい。

諫早市内の出張フロントガラス交換は、貝津/多良見/小船越/小長井/津久葉/青葉台/有喜/赤崎/幸町/永昌/栄田/小川/永昌東/久山/宇都/福田/栗面/天満/諫早文化会館/諫早市体育館/小長井文化ホール/諫早ゆうゆうランド干拓の里/諫早市こどもの城/諫早バッティングスタジアムおよび周辺地域など諫早市内全域が出張対応可能です。

諫早市対応の便利な出張フロントガラス交換は、国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く、品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメです!

品質保証は施工後3年間だから安心。もしもの場合はオペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで施工後1年以内にフロントガラス再交換が必要になった場合は半額で対応します。

諫早市内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 諫早市内のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ! (諫早市内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で諫早市内も24時間ご予約受付中!

諫早市のフロントガラス交換出張エリア

諫早市のフロントガラス交換出張エリア

諫早市内全域の出張フロントガラス交換に対応しております。

  • 中央/小栗/小野/有喜/真津山/本野/長田/多良見/森山/飯盛/高来/小長井地域など

諫早市内の駅周辺でのフロントガラス交換もお任せ下さい。

  • 諫早/小長井/干拓の里/東諫早/東園/本諫早/喜々津/西諫早/市布/湯江/肥前長田駅
  • 諫早東高校前/幸/小江/森山/長里/小野本町/釜ノ鼻/大草駅

諫早市内の各施設やレジャー先周辺での出張フロントガラスにも対応!

  • 諫早市役所/諫早文化会館/諫早市美術・歴史館/諫早市高来ふれあい会館/諫早湾干拓資料館/諫早市体育館/諫早市郷土館/
  • 諫早市弓道場/諫早市森山グラウンド/諫早市飯盛グラウンド/諫早市こどもの城/小長井文化ホール/多良見体育センター/
  • 県立総合運動公園芝生広場/津久葉公園グラウンド/長崎県立総合運動公園/山茶花高原ピクニックパーク/小長井グラウンド/
  • 西諫早ゴルフ練習場/小川ゴルフガーデン/なごみの里運動公園/小長井カントリー倶楽部/諫早ゆうゆうランド干拓の里/
  • 多良見ゴルフガーデン/いこいの村長崎/諫早観光ホテル/諫早バッティングスタジアム/長崎でてこいランド/山茶花高原ピクニックパークなど

諫早市内の上記および周辺エリアの出張フロントガラス交換に対応

諫早市 フロントガラス交換トピックス

フロントガラスに撥水剤を使う時のポイント

フロントガラスに撥水剤を使う時のポイント

フロントガラスを撥水剤で上手にコーディングすると、雨粒が降ってきてフロントガラスの表面が濡れても、雨粒が吹っ飛んで雨の日の運転でも視界が良くなります。しかし、撥水剤にも種類がありますので、耐水性や撥水性、価格や施工方法などを比較検討して、ご利用になる撥水剤を選んで正しい方法で施工しないと、せっかくの効果も半減してしまいます。

フロントガラス撥水剤の種類

フロントガラスに使用できる撥水剤には、「フッ素系」と「シリコン系」の2種類があります。それぞれの性能を比較して、どちらを使用するか決めるのが良いでしょう。比較検討する項目としては。「耐久性・撥水性・価格・施工」などになりますが、

  • 耐久性は「フッ素系」の方が優れています。
  • 撥水性は「シリコン系」の方が優れています。
  • 価格は「フッ素系」の方が2倍くらい高額になります。
  • 施工については「フッ素系」を使用した場合は、しっかりと乾燥させて硬化させる必要があります。

最近では2種類の性能を兼ね揃えたフロントガラス用の撥水剤も販売されており、フッ素系なみの耐久性がありシリコン系なみの撥水性があるとして販売されています。

2種類の撥水剤の違いとしては、シリコン系は油が塗ってあるような状態で流動性がありますが、フッ素系はフロントガラスの表面で固く硬化しますので、フッ素系の方が対候性に優れています。しかし、シリコン系はフロントガラスの表面に油が塗られているようになりますので、施工したばかりであればシリコン系の方が水弾きが良いように感じられます。

実際に説明書を見ながら正しい方法で施工しても、説明通りの効果が持続しない場合もありますので、実際に使い分けたり試してみて、ご自分の好みに合ったものを選ぶのも良いと思います。

コーディング前にしっかりと下地処理を行います。

洗車した時に軽く水拭きした程度で撥水剤を施工しても、効果や持続性が半減してしまいますので、下地処理をしっかりと行うことが大切です。フロントガラスの表面もボディと同じ様に汚れやしつこい水垢や油膜が付着しています。

フロントガラスに付着した油膜は、夜間に対向車のヘッドライトの光を乱反射して視界を悪くする厄介なものです。そのため、この油膜をしっかりと落とさないと、撥水剤の効果に影響してしまいます。油膜は大気中や雨に含まれる油やボディにワックス掛けしたものなどが流れ落ちて、フロントガラスに付着してしまいます。また、シリコン系撥水剤が劣化したものが、新たな油膜を増やす原因にもなります。

油膜取り剤が含まれたカーシャンプーなどで油膜が取れたつもりでも、コーディングする時はもっと念入りに油膜を取り除かないと耐久性が悪くなってしまいますで、台所用洗剤も使って良く洗い水気を完全に取り除きます。更にアルコールを使って脱脂すれば完全な下地処理となります。

しっかりと乾燥して硬化させる

フッ素系のものは、しっかりと乾燥してフロントガラス表面で硬化させる必要があります。乾燥中に雨に濡らしてしまったり、ワイパーを動かしてしまうと、しっかりと硬化する前の被膜表面を傷めることになり、せっかくの耐久性が低減してしまいます。

駐車場に屋根がない方が多いと思いますので、天気予報を見ながら確実に雨が降らない日を選んでコーディング作業を行うと良いでしょう。

施工後はグラファイト加工されたワイパーゴムを使用する

撥水剤コーディングすると水弾きが良くなりますので、ワイパーを使用した時に空拭き状態になり、フロントガラス表面とワイパーゴムの摩擦抵抗が大きくなります。摩擦抵抗が大きくなると、コーティングの被膜が剥がれ易くなってしまいますので、グラファイト加工されている撥水剤コーディングされたフロントガラス用のワイパーゴムを使用します。


フッ素系、シリコン系それぞれにメリットがありますが、しっかりとコーディング作業するのは大変ですので、耐久性のあるフッ素系のものを施工して、ワイパーゴムもコーディングしたフロントガラス用のものに交換するのが良いでしょう。


諫早市の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ