柴田郡での出張フロントガラス交換

柴田郡での出張フロントガラス交換
柴田郡での出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

柴田郡での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

柴田郡対応のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

柴田郡-大河原町/村田町/柴田町/川崎町でのフロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で費用削減! 飛び石などでフロントガラスがひび割れたら…、早めの修理やフロントガラスの交換が必要です。

フロントガラスのひび割れは、車検で不合格になります。また、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。柴田郡内でフロントガラス交換が必要になった場合は、生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービス(柴田郡対応)にご連絡下さい。

柴田郡対応の便利な出張フロントガラス交換は、国産車限定ですが、軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換に対応しています。JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検もOKです。とにかく料金を安く品質保証がある格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方に出張での交換がおススメです!

品質保証3年間だから安心。もしもの場合は、オペレーターが24時間サポートします。また、同じ車両が飛び石などで、施工後1年以内にフロントガラス交換が再度必要になった場合は半額で対応します。

大河原町/村田町/柴田町/川崎町など、柴田郡全域の出張フロントガラス交換に対応しています。

柴田郡のフロントガラス交換・施工事例

柴田郡内でのフロントガラス交換事例

大河原町/村田町/柴田町/川崎町など、柴田郡全域の出張フロントガラス交換に対応しています。手間なし便利な出生フロントガラス交換サービスをご利用ください。

柴田郡大河原町:マツダ ベリーサのフロントガラス交換

出張先/作業場所

柴田郡大河原町にお住いのお客様ご自宅敷地内

車種/年式/排気量/型式

マツダ ベリーサ/平成25年式/1498cc/DBA-DC5W

お客様のコメント

助手席側のフロントガラスが蜘蛛の巣状にヒビ割れてしまいました。とりあえず運転席側ではないので、その日は恐る恐るヒビ割れたままの状態で運転して帰ってきました。フロントガラスがヒビ割れた状態で運転するのは恥ずかしいし、危険だと思いました。また、違反切符を切られてしまうかも知れないと思い、早く修理してしまいたいと思いました。

車の販売店にフロントガラスの交換修理について相談しましたが、修理費用の見積額も高く、車を販売店まで乗っていけない場合はレッカー搬送をしなければいけないとのことでした。それで、フロントガラスの交換修理についてネット検索で調べたところ、自宅に来て車のフロントガラスを交換してくれるサービスがあることが分かりました。格安な輸入ガラスに交換するとホームページに掲載されていましたが、3年間の品質保証が付いていれば大丈夫だと思い、自宅でのフロントガラス交換修理に申し込むことにしました。

料金:60,200円(税込)・・・フロントガラス代、出張費、作業費、ガラス処分料などの総額


※お客様からのコメントは、ご注文時や交換作業時の会話内容などを文章化したものです。

柴田郡内でのフロントガラス交換の出張対応の特徴

  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしで、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 柴田郡のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。 (ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ! (柴田郡内対応の便利な出張フロントガラス交換です)
  • 軽自動車・軽トラック~大型トラックやマイクロバス・大型トラックのフロントガラス交換。 国産車のほとんど全車種に対応で柴田郡も24時間ご予約受付中!

柴田郡 フロントガラス交換トピックス

フロントガラスのヒビは放置してしまうと危険

フロントガラスのヒビは放置してしまうと危険 

ご自分のクルマを日々大事に乗られて洗車も定期的に行っている方も多いと思います。車を洗車している時などにボディに擦り傷などを見つけることもあると思いますが、フロントガラスにも小さなキズやヒビができている場合もありますので、フロントガラスも時々確認した方が良いでしょう。

クルマのフロントガラスは安全性の高いガラスですので、透視性に優れており割れても破片が飛び散ったりしません。また、ヒビ割れはするものの衝撃に強いことも特徴のひとつです。しかし、その反面フロントガラスはキズ付きやすいという特徴もあります。走行している最中に細かいキズがガラス表面に付いてしまうこともあります。

フロントガラスにヒビが入る主な原因

フロントガラスにヒビが入る原因は様々です。走行中に何か硬いものがフロントガラスに当たれば、大きな音がしますので気付くと思います。しかし、自分はフロントガラスにヒビが入るようなことはしていないのに、突然フロントガラスにヒビが入って驚く場合もあります。

フロントガラスがヒビ割れる原因としては、以下の様なことが考えられますので、もしもヒビが入った場合は心当たりがないか考えてみてください。

原因1:物理的なもの

物理的な原因として比較的多いのは、走行中の飛び石によるものです。走行中に前を走っているクルマが跳ね上げた小石や、反対車線を走っているクルマが跳ね上げた小石のことを「飛び石」と呼んでいます。飛び石は高速道路などでスピードが出ている時に被害に遭うことが多いです。スピードが出ている状態で硬い小石がフロントガラスにぶつかりますが、強力な衝撃力を持っていますので、材質がガラスであるフロントガラスの表面はヒビ割れてしまいます。

飛び石はいつ飛んで来るか予想するのは難しく、もし気付いたとしても運転中に避けるためには急ハンドルや急ブレーキをすることになりますので大変危険です。

飛び石被害の回避策としては、前のクルマとの車間距離を多めに取ること。また、2車線以上ある場合はなるべく追い越し車線ではなく走行車線を走れば、反対車線からの飛び石に当たる確率が低くなります。

原因2:急な温度変化

ガラスのコップやグラスに熱湯を注ぐと割れてしまうことを知っている方は多いと思います。ガラスは急な温度変化に対して弱いですので、クルマのフロントガラスも同様に、急な温度変化が原因でヒビ割れることがあります。

真夏の日差しが強い日には、フロントガラスの温度が高くなっていますので、洗車などで急に冷たい水をかけてしまうとヒビが入ってしまう場合があります。また、気温が高い猛暑日などに冷房をガンガンかけて冷やしていると、徐々に外気との温度差が広がりフロントガラスに負担をかけてヒビが入ることもあります。真冬の場合はその逆も考えられます。簡単にヒビが入る訳ではありませんが、飛び石などで既にヒビが入っている場合は、その部分からヒビが伸びてしまうこともあります。

フロントガラスのヒビを放置すると危険

小さなヒビだから大丈夫と思ってはいけません。走行中の振動や圧力などでヒビが広がってしまうことがあります。運転中にヒビが急に伸びて広がってしまうと驚くばかりでなく、運転時の視界を遮ってしまい事故につながる危険性があります。

小さなヒビであれば、リペアである程度修復することもできます。ヒビの状態にもよりますが、プロのリペア業者に頼めばどこにヒビがあったか分からない程きれいに修復してくれる場合もあります。

大きなヒビ割れや蜘蛛の巣状に広がったヒビ割れになってしまった場合は、フロントガラスの交換修理が必要になります。フロントガラスの交換修理をご検討の際は、安くて安心の当社の「出張フロントガラス交換サービス」を是非ご利用ください。

柴田郡の出張フロントガラス交換のトップへ

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ