瀬戸市での出張フロントガラス交換

瀬戸市での出張フロントガラス交換
瀬戸市での出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

瀬戸市での軽自動車~トラック・バスの出張フロントガラス交換

瀬戸市の格安なフロントガラス出張交換

瀬戸市での出張フロントガラス交換は、格安な輸入フロントガラスへの交換で修理費用を削減できます。瀬戸市内で自動車やトラック、バスのフロントガラス交換修理が必要になりましたら、出張フロントガラス交換サービスのご利用がお勧めです。

瀬戸市対応の便利な出張フロントガラス交換は、格安な輸入ガラスの国産車限定ですが、JIS規格適合品で品質保証3年付車検も問題ありません

とにかく料金を安く、品質保証が長い格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方年式が古い車に最適です。

今なら、交換後1年以内に飛び石などで割れた場合は、半額で交換する特典付きです。

瀬戸市の出張フロントガラス交換利用例

  • 瀬戸市中水野町:トヨタ シエンタのフロントガラス交換、平成23年/1496cc/DBA-NCP85G、作業場所:瀬戸市中水野町-お客様がお住いのご自宅敷地内スペース、料金61,300円(税込)
  • 瀬戸市みずの坂:トヨタ bBのフロントガラス交換、平成20年式/1297cc/DBA-QNC20、作業場所:瀬戸市みずの坂のお客様ご自宅駐車場、料金:61,300円(税込)
  • 瀬戸市水北町:マツダ ボンゴフレンディのフロントガラス交換、平成13年式/1998cc/GF-SGEW、出張先:瀬戸市水北町にお住いのお客様ご自宅敷地内、料金:61,300円(税込)
  • 瀬戸市苗場町:日産 セレナのフロントガラス交換、平成20年式/1997cc/DBA-CC25、出張先:瀬戸市苗場町のお客様がお住いのマンション来客用駐車スペース、料金:61,300円(税込)
  • 瀬戸市北脇町:スバル プレオプラスのフロントガラス交換、平成27年式/658cc/DBA-LA310F、作業場所:瀬戸市北脇町のアパート内駐車場、料金:54,700円(税込)
  • 瀬戸市幡山町:マツダ CX-3のフロントガラス交換、平成27年/1498cc/LDA-DK5AW、作業場所:瀬戸市幡山町のアパート敷地内空きスペース、料金:61,300円(税込)
  • 瀬戸市やまて坂:スズキ アルトラパンのフロントガラス交換、平成27年式/658cc/DBA-HE33S、作業場所:瀬戸市やまて坂にお住いのお客様ご自宅敷地内、料金:54,700円(税込)
  • 瀬戸市西米泉町:ダイハツ ミライースのフロントガラス交換、平成29年式/658cc/DBA-LA360S、作業場所:瀬戸市西米泉町のマンション敷地内、料金:61,300円(税込)

※瀬戸市内にて他多数の事例あり。瀬戸市対応の自動車ガラス専門業者スタッフが、お客様ご指定の場所に出張してフロントガラス交換作業を行います。

瀬戸市内のフロントガラス交換・施工事例

瀬戸市内でのフロントガラス交換事例

瀬戸市内での出張フロントガラス交換の施工事例です。お客様からのコメントは、ご注文時や交換作業時の会話内容などを文章化したものです。

瀬戸市中水野町:トヨタ シエンタのフロントガラス交換

出張先/作業場所

瀬戸市中水野町:お客様がお住いのご自宅敷地内スペース

車種/年式/排気量/型式

トヨタ シエンタ/平成23年/1496cc/DBA-NCP85G

お客様のコメント

多分、飛び石によるヒビだと思いますが、最初は長さが1cmにも満たない小さなヒビでした。通勤でも乗っている車なので、修理しなければいけないと思いながら、毎日ヒビを気にしながら車を運転していました。

インターネットでフロントガラスのヒビについて調べ、透明のテープでヒビを保護していましたが、1週間くらい経った頃にヒビが大きなヒビ割れ状態になってしまいました。すぐにガラスリペアしておけば、フロントガラスを交換する必要がなかったと思いましたので残念です。

メーカー純正品のフロントガラスに拘りはなかったので、国産品でもなく一番安い輸入ガラスに交換修理することにしました。念の為、ディーラーでもメーカー純正のフロントガラスに交換した時の修理費用を確認してみましたが、輸入ガラスの格安さを実感しました。

料金:61,300円(税込)・・・フロントガラス代、出張費、作業費、ガラス処分料などの総額

瀬戸市での出張フロントガラス利用例

瀬戸市 フロントガラス交換トピックス

自動車のフロントガラスに関するトピックスです。各地域別ページにもトピックスが掲載されています。

フロントガラスの修理方法

フロントガラスの修理方法 

ボディの塗装面の小さなキズであれば、タッチペンなどで補修しておいただけでも安心できますが、フロントガラスにキズができた場合は、早急に修理した方が良いでしょう。フロントガラスのキズやヒビは厄介なもので、そのまま放置してしまうと、走行中の振動や車内外の温度差の影響を受けて、大きさヒビ割れになってしまうことがあります。

フロントガラスのヒビ割れ修理は、その大きさや場所によって「ガラスリペア」または「フロントガラス交換」で修理することになります。ガラスリペアはヒビを補修しますが、ヒビにガラスと同等の性質を持つリペア剤を流し込んで硬化させます。一方、フロントガラス交換修理は、ヒビ割れたフロントガラス全体を取り外してから、新しいフロントガラスに交換して修理します。

ガラスリペアで修理できるキズやヒビ

小さなキズやヒビであっても、ガラスリペアで補修できない場合もあります。ガラスリペアできない場合は、フロントガラスの交換修理になります。ガラスリペア可能かどうかは、以下の様な条件が目安になります。

ヒビの大きさ

ヒビは走行中の振動や車内外の温度差が原因で伸びる可能性がありますので、ヒビが大きい場合はフロントガラス交換で修理することになります。ガラスリペアできる大きさの目安は500円玉くらいです。

外枠から10センチ以上離れた場所

ガラスリペアの専用工具が使えるかどうかも関係しますが、フロントガラスの外枠付近は、ヒビが伸びやすい場所です。せっかくガラスリペアしても、走行中の振動などで再度ヒビ割れる可能性が高いです。

運転席の正面など

ガラスリペアしても補修跡が残る場合があります。完全にキズが消える訳ではありませんので、仕上がり具合によっては、車検に通らない可能性もあります。作業者の技術レベルも関係しますが、きれいに仕上がらなかった場合は、ガラスリペア代が無駄になってしまいます。

以前リペアした場所や貫通したキズ

一度ガラスリペアした場所は、リペア剤が浸透し難いため、きれいに仕上がらない可能性が高いです。また、貫通してしまっているキズもリペアすることはできません。

ガラスリペアはなるべく早く

フロントガラスにできたヒビは、最初は小さくても振動や温度変化で大きくヒビ割れてしまうことがあります。予防策としては、フロントガラスの応急処置シールや透明のテープを貼っておくと良いですが、ガラスリペアはなるべく早く行った方が良いでしょう。

フロントガラスの交換修理

交換修理できるのは、メーカー純正のフロントガラスだけではありません。純正品だけでなく、国産品や海外から輸入したフロントガラスもあります。車のフロントガラスは大変高額な部品ですが、海外からの輸入ガラスであれば、純正品の半額以下で修理できることが多いです。

品質も純正品や国産品と同等ですので、年式が古い車であったり、なるべく安くフロントガラスを修理したい場合には、当社でお勧めしている輸入ガラスをご検討ください。

瀬戸市の地域情報

瀬戸市の出張フロントガラス交換のトップへ

瀬戸市での出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

ページの先頭へ

出張フロントガラス交換の特徴→