トヨタ カローラの格安な出張フロントガラス交換

カローラの出張フロントガラス交換
フロントガラス交換のご注文・お問い合わせ フロントガラス交換の料金ご案内

トヨタ カローラの出張フロントガラス交換情報

カローラのフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

カローラのフロントガラス交換は、格安な輸入ガラスで費用削減! 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしやイタズラなどで、フロントガラスがキズやひび割れで破損したら…、フロントガラスの交換修理が必要です。安全な運転のためにも早めのフロントガラス交換をお勧めします。

フロントガラスが損傷していると車検も不合格になり、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。まずは生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービスにお問い合わせ下さい。

カローラの出張フロントガラス交換:カローラ/カローラⅡ/カローラアクシオ/カローラスパシオ/カローラフィールダー/カローラランクス/カローラルミオンなど、全ての車種に対応しております。

輸入新品フロントガラスは、JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検も合格します。とにかく料金を安く、品質保証期間が長い格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメです!

品質保証は施工後3年間だから安心。もしもの場合はオペレーターが24時間サポートします。また、フロントガラス交換を行った同じ車両が、飛び石などで施工後1年以内にフロントガラス再交換が必要になった場合は半額で対応します。

トヨタ カローラのフロントガラス出張交換の特徴

  • 飛び石や落下物、車上荒らし被害で、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • お客様のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。(ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ!
  • トヨタ車のほぼ全車種に対応で24時間ご予約受付中!

トヨタ カローラのフロントガラス交換対応車種一覧

料金:出張・作業費用込み、税抜き表示

カローラのフロントガラス交換

型 式 年 式 料 金
100系バン・ワゴン H3年9月~H14年6月 55,800円
110系4ドア H7年5月~H12年8月 55,800円
120系4ドア H12年8月~H18年10月 55,800円

カローラⅡのフロントガラス交換

型 式 年 式 料 金
50系3ドアハッチバック H6年9月~H11年7月 55,800円

カローラアクシオのフロントガラス交換

型 式 年 式 料 金
160系4ドア H24年5月~ 55,800円
140系4ドア H18年10月~H24年4月 55,800円

カローラスパシオのフロントガラス交換

型 式 年 式 料 金
110系ワゴン H9年1月~H13年5月 55,800円
120系ワゴン H13年5月~H19年6月 55,800円

カローラフィールダーのフロントガラス交換

型 式 年 式 料 金
120系ワゴン H12年8月~H18年10月 55,800円
140系ワゴン H18年10月~H24年4月 55,800円
160系ワゴン H24年4月~ 55,800円

カローラランクスのフロントガラス交換

型 式 年 式 料 金
120系5ドア H13年1月~H18年10月 55,800円

カローラルミオンのフロントガラス交換

型 式 年 式 料 金
150系ワゴン H19年10月~ 55,800円
フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

フロントガラス交換トピックス

車のフロントガラスとその他のガラスとの違い

車のフロントガラスとその他のガラスとの違い

以前、車のフロントガラスには、サイドガラスやリヤガラスの様に強化ガラスが使われている時代がありました。しかし、現在では万一の事故の際にも車内にいる人を守る為、「合わせガラス」を使用することが法律で義務付けられています。

フロントガラスに使われている「合わせガラス」は名前の通り、2枚のガラスの間に特殊な素材で出来た中間膜をサンドイッチ状態に挟んで入れることで、強い衝撃を受けても耐えられる様に柔軟性を持った構造になっています。

一方、フロントガラスと違ってサイドガラスやリヤガラスには「強化ガラス」が使われています。一般のガラスよりは衝撃に強いガラスですが、フロントガラスと比べれば、石や金づちなどの硬いもので強い衝撃を加えると、比較的簡単に割ることができてしまいます。

この様に自動車の窓ガラスには「合わせガラス」と「強化ガラス」が使い分けられていますが、それにはきちんとした理由があります。

合わせガラスの特性

車のフロントガラスに使われる合わせガラスは、ガラスとガラスの間に特殊な素材で作られた中間膜が圧着されて間に入っています。この中間膜は衝撃に強く柔軟性がありますので、飛び石などの硬い物が飛んできてぶつかっても、ぶつかったものが貫通し難いという特徴があります。

もちろんガラスで出来ていますので、硬いもので局部的に強く叩けば、表面のガラスにひび割れができます。しかし、割れたガラスの破片がバラバラになって周辺に飛び散ったり、一般のガラスが割れた時の様にガラスが崩れ落ちてしまうこともありません。

車に乗っていて急ブレーキをかけた時など、体全体が前のめりに押し出されたような感覚を感じますが、万一の際の事故などで、何かに正面衝突した時は、体全体が外に投げ出されるような非常に強い衝撃があります。こんな時、もしシートベルをしていないと、その車に乗っている人の体は、フロントガラスにものすごい勢いでぶつかってしまいます。しかし、フロントガラスの柔軟で貫通し難い特徴が幸いし、フロントガラスを突き破って外に飛び出してしまう様なことはほとんどありません。フロントガラスを突き破って、体が外に投げ出されてしまうと、落下時の衝撃や対向車や周辺の車にぶつかり、大怪我やより重大な事態になってしまいます。

また、フロントガラスが合わせガラスでなかった場合の事を考えると、割れたガラスの破片が飛び散って、その破片が人の体を傷付けてしまうことも考えられます。しかし、合わせガラスであれば、ひび割れることはあってもガラスが粉々になって飛び散ることはありませんので、ガラスの破片のよる怪我も回避することができます。フロントガラスが合わせガラスになったおかげで、事故による人的被害はかなり軽減される様になりましたので、車に装備されているフロントガラスの合わせガラスは、非常に防御性の高い画期的な装備と言えます。

万一、車が水没した場合は・・・

大雨やゲリラ豪雨の時など、日頃は特に意識しないで走っている道路が突然冠水していたり、運転操作を誤って海や川に落ちた時などに車が水没してしまった時の事を考えると、割れないガラスばかりだと脱出方法をがなくなってしまいます。

最近はエアコンの性能が良くなり、車の窓を開けた状態で走行しているドライバーは少なくなりましたが、全部の窓を閉め切った状態で車がドアの高さまで水没してしまった場合、いつもは簡単に開けることができるドアが、水圧によって車の中からドアを開けることができなくなってしまいます。パワーウィンドウも水没の影響で電気がショートしてしまいますので、使用することができません。

この様な事態に遭遇した場合は、合わせガラスのフロントガラスを割って脱出用の穴を開けることは出来ませんので、サイドガラスを割って脱出します。サイドガラスには強化ガラスが使われていますので、車の中からそう簡単に割ることは出来ません。しかし、水没などで車の中に閉じ込められてしまった場合は、フロントガラスではなく、サイドガラスを割って脱出する方法が一番脱出できる可能性があることを覚えておくと良いでしょう。


トヨタ カローラの出張フロントガラス交換のトップへ

ページの先頭へ