ワゴンR・アルトの格安な出張フロントガラス交換

スズキ車の出張フロントガラス交換
フロントガラス交換のご注文・お問い合わせ フロントガラス交換の料金ご案内

ワゴンR・アルトの出張フロントガラス交換情報

SUZUKI車のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

ワゴンR・アルトのフロントガラス交換は、格安な輸入ガラスで費用削減! 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしやイタズラなどで、フロントガラスがキズやひび割れで破損したら…、フロントガラスの交換修理が必要です。安全な運転のためにも早めのフロントガラス交換をお勧めします。

フロントガラスが損傷していると車検も不合格になり、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。まずは生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービスにお問い合わせ下さい。

ワゴンRの出張フロントガラス交換:ワゴンR/ワゴンRソリオ/ワゴンRプラス/ワゴンRワイドなど、全ての車種に対応しております。

アルトの出張フロントガラス交換:アルト/アルトC/アルトC2/アルトエコ/アルトハッスル/アルトラバン/アルトラバン/アルトパンショコラ/アルトワークスなど、全ての車種に対応しております。

輸入新品フロントガラスは、JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検も合格します。とにかく料金を安く、品質保証期間が長い格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメです!

品質保証は施工後3年間だから安心。もしもの場合はオペレーターが24時間サポートします。また、フロントガラス交換を行った同じ車両が、飛び石などで施工後1年以内にフロントガラス再交換が必要になった場合は半額で対応します。

ワゴンR・アルトのフロントガラス出張交換の特徴

  • 飛び石や落下物、車上荒らし被害で、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • お客様のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。(ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ!
  • スズキ車のほぼ全車種に対応で24時間ご予約受付中!

ワゴンRのフロントガラス交換対応車種一覧

  • ワゴンR/ワゴンRソリオ/ワゴンRプラス/ワゴンRワイド
型式 年式 料金
CT/CV系2ドア H5/9月~H10/10月 49,800円
CT/CV系5ドア H8/4月~H10/10月 49,800円
ワイドMA/MB系5ドア H9/2月~H11/5月 49,800円
MC系2ドア H10/10月~H15/9月 49,800円
MC系5ドア H10/10月~H15/9月 49,800円
ソリオMA34/63/64系5ドア H11/5月~H22/12月 49,800円
プラスMA34/63/64系5ドア H11/5月~H22/12月 49,800円
M2009/22系5ドア H15/9月~H20/9月 49,800円
MH23系5ドア H20/9月~H24/9月 49,800円
MH34系5ドア H24/9月~ 49,800円

料金:出張・作業費用込み、税抜き表示

アルト(ALTO)のフロントガラス交換対応車種一覧

  • アルト/アルトC/アルトC2/アルトエコ/アルトハッスル/アルトラバン/
  • アルトラバン/アルトパンショコラ/アルトワークス
型式 年式 料金
HA/HB11S/21S/HC/HD11V系3ドア H6/11月~H10/10月 49,800円
HA/HB11S系5ドア H6/11月~H10/10月 49,800円
HA12/22/23系3ドア H10/10月~H17/1月 49,800円
HA12/22/23系5ドア H10/10月~H16/9月 49,800円
ラパンHE21S系5ドア H14/1月~H20/11月 49,800円
HA24系5ドア H16/9月~H21/12月 49,800円
ラパンHE22S系5ドア H20/11月~H27/6月 49,800円
HA25系 H21/12月~H26/12月 49,800円

料金:出張・作業費用込み、税抜き表示

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

フロントガラス交換トピックス

フロントガラスの小さなひびは早めに修理

フロントガラスの(キズ・ひび割れ)

フロントガラスに小さなひび割れがあると、車検の際に合格できなくなってしまいます。多少基準が曖昧で検査官によって合否の基準が異なる場合もありますが、小さなひび割れが出来た時は、なるべく早めに修理した方が良いでしょう。ひび割れ部分に不純物が入り込まない内に早めに修理すれば、きれいに補修できる場合もあります。小さなひび割れでも、車を使っている間に突然もしくは次第に大きなひび割れになり事がありますので注意が必要です。

また、車を買い替える時にフロントガラスにひび割れがあった場合、下取りや買取の査定の際にフロントガラス交換を伴う減額をされてしまいます。何故なら、車のフロントガラスは、サイドウィンドウやリヤウィンドウ、ルーフウィンドウで使われている強化ガラスと違って、万一の事故の際に車の搭乗者を守るプロテクターやクッションの役割も担っているからです。その為、フロントガラスだけは、強化された2枚のガラスの間に簡単には破けることのない柔軟性を持ち合わせた、且つ無色透明な「ポリビニルブチラール樹脂」を中間膜として挟まれている合わせガラスの使用が義務付けられています。この様なフロントガラスの特性により、高速で走行中に飛び石が飛んできた場合などの万一の時に、衝突物から搭乗者の体を守れるようになっています。

この様にフロントガラスは、搭乗者の安全を守る重要な役割がある為、小さなひび割れであってフロントガラスに要求される強度が保てなくなってしまう為、小さなひび割れであっても早めの修理が必要であり、査定額も下がってしまいます。

フロントガラスの構造と特性

フロントガラスの合わせガラスの構造はシンプルで、2枚の透明な強化されたガラスの間に容易には破けたり穴が開いたりしない高い柔軟性を持った「ポリビニルブチラール樹脂」を中間膜として挟んで、サンドイッチ状態に圧着してされた状態になっています。

この強化された2枚のガラスと中間膜により、例えば高速道路などで時速100キロメートルで走っている時に飛び石などがフロントガラスに衝突しても、フロントガラスを突き破って車の中に飛び込んでこない様になっています。車に使われる防弾ガラスなどは、この合わせガラスを何枚か重ね、中間膜の樹脂素材も更に強化されたものを使用していますので、もし銃弾が飛んできても車内に乗車している要人を守れるようになっています。

フロントガラスの合わせガラスには、強化されたガラスが使われていますが、サイドウィンドウなどに使われている強化ガラスと比べると、フロントガラスの硬度は柔軟で適度な弾性を持っています。この理由は、強い衝撃を受けた時に小さいひび割れがたくさんできてしまうと、前方が見え難くなってしまう為、ひび割れの拡散をできる限り抑えることができる構造になっています。

1987年(昭和62年)9月以降生産された自動車のフロントガラスには、合わせガラスを装着することが法律により義務付けられました。それ以前に生産された車両のフロントウィンドウスやサイドウィンドウ、リヤウィンドウ、ルーフウィンドウなどのガラスには、今でも部分強化ガラスまたは強化ガラスと呼ばれる硬いガラスが使われています。この強化ガラスは、事故などで強い衝撃を受けた場合、細かく粒状に砕ける特性を持っています。但し、細かく砕けてもガラスの断面が丸みを帯びていますので、人体に対して切り傷の原因になることはほとんどありません。

フロントガラスに合わせガラスが装備される様になり、強化ガラスが使われていた時代よりも優れた安全性が確保できています。しかし、合わせガラスの特性によって、昭和時代に生産された車と比べると、フロントガラスにひび割れができやすくなっているのが難点です。


ワゴンR・アルトの出張フロントガラス交換のトップへ

ページの先頭へ