ジムニー・スイフトの格安な出張フロントガラス交換

ジムニー・スイフトの出張フロントガラス交換
フロントガラス交換のご注文・お問い合わせ フロントガラス交換の料金ご案内

ジムニー・スイフトの出張フロントガラス交換情報

SUZUKI車のフロントガラス(キズ・ひび割れ)出張交換

ジムニー・スイフトのフロントガラス交換は、格安な輸入ガラスで費用削減! 飛び石や予期せぬ落下物、車上荒らしやイタズラなどで、フロントガラスがキズやひび割れで破損したら…、フロントガラスの交換修理が必要です。安全な運転のためにも早めのフロントガラス交換をお勧めします。

フロントガラスが損傷していると車検も不合格になり、そのまま公道を走行していると整備不良違反になります。まずは生活トラブルSOSの出張フロントガラス交換サービスにお問い合わせ下さい。

ジムニーの出張フロントガラス交換:ジムニー/ジムニーシエラ/ジムニーワイドなど、全ての車種に対応しております。

スイフトの出張フロントガラス交換:スイフト/スイフトスポーツなど、全ての車種に対応しております。

輸入新品フロントガラスは、JIS規格適合品ですので安全・安心のガラス品質で車検も合格します。とにかく料金を安く、品質保証期間が長い格安なフロントガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメです!

品質保証は施工後3年間だから安心。もしもの場合はオペレーターが24時間サポートします。また、フロントガラス交換を行った同じ車両が、飛び石などで施工後1年以内にフロントガラス再交換が必要になった場合は半額で対応します。

ジムニー・スイフトのフロントガラス出張交換の特徴

  • 飛び石や落下物、車上荒らし被害で、フロントガラスにキズやひび割れが出来たら…
  • 排気量で決まる格安で明朗な料金体系(出張・作業費用、部品代、割れたガラスの処分料込み)…お車の年式やグレードなどにより、追加部品が必要な場合があります。
  • お客様のご自宅やお勤め先の駐車場等、ご指定の予約日時・場所に出張してフロントガラス交換。
  • フロントガラス単独破損事故であれば、自動車保険(車両保険)も取り扱いできます。(ご契約内容については、ご加入の保険会社様にご確認下さい) 安心・信頼のフロントガラス交換(JIS規格適合品・施工後3年間の品質保証・1年以内の再交換は半額対応
  • フロントガラス交換は、とにかく料金を安く、品質保証がある格安なガラスに交換したい方や、忙しくて車両の納車や引き取りの時間が取れない方におススメ!
  • スズキ車のほぼ全車種に対応で24時間ご予約受付中!

ジムニー(JIMNY)のフロントガラス交換対応車種一覧

  • ジムニー/ジムニーシエラ/ジムニーワイド
型式 年式 料金
JA12/22系バン・ワゴン H7/11月~H10/10月 49,800円
JB23W系3ドア H10/10月~ 49,800円
シエラJB32W系ワゴン H7/11月~H10/1月 49,800円
シエラJB33/43W系3ドア H10/1月~ 49,800円
ワイドJB33/43W系3ドア H10/1月~ 49,800円

料金:出張・作業費用込み、税抜き表示

スイフト(SWIFT)のフロントガラス交換対応車種一覧

  • スイフト/スイフトスポーツ
型式 年式 料金
HT51系5ドア H12/2月~H17/11月 55,800円
HT81系3ドア H15/6月~H17/9月 55,800円
ZC/ZD#1系5ドア H16/11月~H22/9月 55,800円
ZC/ZD#2系5ドア H22/9月~ 55,800円

料金:出張・作業費用込み、税抜き表示

フロントガラス交換料金のご案内
出張フロントガラス交換ご注文お問い合わせ フロントガラス交換の料金案内

フロントガラス交換トピックス

車のフロントガラスの凍結防止

フロントガラスの凍結防止

寒い冬の朝、朝早く出勤する人はフロントガラスが凍ってしまい困っている人が多いと思います。凍結防止や凍結した場合の対処方法を知っていたり経験していればよいのですが、そうでない場合は凍ったものを取り除く作業は、結構手間がかかって大変です。

フロントガラスが凍ってしまったら「熱湯をかければいいんじゃない!」と、安易に助言する人がいると思います。しかし、凍ったフロントガラスに熱湯をかけてしまうと、急にひび割れてしまう場合がありますのでお勧めできる方法ではありません。

効率の良い解氷方法や凍結防止の方法を知っていないと、10分以上は解氷時間がかかってしまうと思います。春から秋にかけての出勤時間よりも冬は10分以上早く起きなければいけませんので、貴重な朝の時間を無駄にしてしまいます。

車のフロントガラスの凍結防止

凍結防止ををしておけば、解氷作業は必要ありません。また、ガラス表面の汚れや油膜をきれいに掃除してきれいにし、撥水加工しておくと、もし凍った場合でも解氷作業が簡単にできるようになります。

フロントガラスをシートなどで覆ってカバーする

最近では自動車専用の凍結防止シートも比較的安く購入できますので、使用している車に合ったものを使用されると良いでしょう。良く見かけるブルーシートなども、運転席と助手席のドアや窓で挟んで固定すれば、強い風が吹いても吹き飛ばされませんので、専用の凍結防止シートの代用として使えます。また、使わなくなった毛布なども適当な重さがありますので良いでしょう。

汚れや油膜をきれいに取って掃除しておく

ガラスの表面が汚れていると凍りやすいので、汚れや油膜をきれいに取って掃除しておくと良いでしょう。

ガラス表面を撥水加工する

ガラコなどでガラス表面を撥水加工しておくと、もし凍った場合でも解氷作業が簡単にでき、無駄な時間を短縮できるようになります。

フロントガラス凍結時の対処方法

凍結対策を行わなかった為、フロントガラスが凍ってしまった場合は、以下の様な対処が一般的な方法となります。

スクレーバーでフロントガラスに貼り付いた氷を削り落とす

カー用品店などで販売されているスクレーバーで、フロントガラスに貼り付いた氷を削り落とします。スクレーバーを購入する時は、フロントガラスよりも柔らかくないとガラス表面にキズを付けてしまいますので気を付けて下さい。

また、フロントガラスの表面に小石などの硬い物が汚れに混じって付着した上に氷が貼り付いている可能性もありますので、フロントガラス表面は常にきれいに掃除しておくと良いでしょう。

解氷スプレーで氷を溶かす

ガラス表面にスプレーすると氷が解けてくれます。スクレーバーでガリガリするのと比べれば、簡単な作業で氷が溶けてくれます。少々費用がかかるのが難点ですが、朝の貴重な時間を節約できます。アルコールの凍結温度を利用した方法で、有害な化学薬品は含まれず主成分はアルコールですので安心です。

熱湯をかけて氷を溶かす

フロントガラスにキズがある状態で熱湯をかけてしまうと、急激な温度変化の影響で、キズができている個所を起点として、フロントガラスが線状にひび割れてしまうことがあります。また、ぬるめのお湯をかけた場合は、一時的に氷を溶かすことはできますが、氷点下のとても寒い日には溶けた氷がまた凍ってしまいます。

暖気しながら氷が溶けるのを待つ

確実な方法ですが氷が溶けるまでの間、時間とガソリン代がかかってしまいます。


ジムニー・スイフトの出張フロントガラス交換のトップへ

ページの先頭へ